ビジネスフレームワーク

【無料テンプレート8選】問題・課題解決のフレームワーク8選をテンプレート付きで書き方を解説。(ビジネスフレームワーク)

 

次の方を対象にしています!

  • 問題・課題発見 の方法を知りたい
  • 問題・課題発見 の無料テンプレートが欲しい
  • 問題・課題発見 フレームワークについて知りたい


問題・課題発見ができず、困っている人に向けて、8つの方法を紹介します


「課題を発見」→「問題を整理」→「問題・課題の優先順位を決める」の順番で紹介します。どれか一つの方法を使うというより、複数組み合わせて使うことで、より効果を発揮します。


最後に、無料テンプレートもあります。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70


ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら


問題を発見する ビジネスフレームワーク

問題を発見するビジネスフレームワークを4つ紹介します。

  • As is / To be
  • 6W2H
  • なぜなぜ分析
  • コントロール可能 / 不可能


As is / To be

As is / To be (アズイズトゥビー)は、現状「As is」と、あるべき姿「To be」を明確にし、ギャップ(問題)を確認する方法です。


「As is」は英語で「そのまま」の意味です。「To be」は「〜になりたい」という意味になります。




6W2H

6W2H は、問題があるけど、解決できていない。多面的に調査したい場合にオススメな方法です。


問題に対して、次の項目を考えます。

  • Who:だれ?
  • What:なに?
  • Whom:だれに?
  • When:いつ?
  • Where:どこで?
  • Why:なぜ?
  • How:どのように?
  • How much:いくらで?





なぜなぜ分析

なぜなぜ分析は、問題に対して「なぜ?」と繰り返し問いかけることで、ものごとの本質に気付ける方法です。




コントロール可能 / 不可能

 コントロール可能 / 不可能は、問題に対して自分たちにコントロールできること、できないことを分けるフレームワークです。


自分たちにできることを明確にし、フォーカスすることで状況を変えます。





問題を整理する ビジネスフレームワーク

問題を整理するビジネスフレームワークを2つ紹介します。

  • ロジックツリー
  • 課題設定シート


ロジックツリー 

ロジックツリーは、ものごとを分解することで、情報を整理する方法です。


抽象を具体にできます。




課題設定シート

課題設定シートは、問題に対して次に行うべき課題を決めるフレームワークです。

  • 問題:あるべき理想と現実のギャップ
  • 課題:問題を解決するために、取り組むべき必要があること





優先順位を決める ビジネスフレームワーク

問題・課題の優先順位を決めるビジネスフレームワークを2つ紹介します。

  • 緊急度 / 重要度マトリクス
  • 意思決定マトリクス


緊急度 / 重要度マトリクス

 緊急度 / 重要度マトリクスは、多数ある課題に対して適切に優先順位をつけるためのフレームワークです


全体像を把握し、何から手を付けるかを整理します。




意思決定マトリクス  ビジネスフレームワーク

意思決定マトリクスは、多数ある課題を一つずつ定量化し、優先順位をつけるためのフレームワークです。


定量化することで意思決定の手助けをします。





ビジネスワークフレーム8選 無料テンプレート

パワーポイントや、Googleスライドで使える無料テンプレートを用意しました。

こちらからダウンロードして使ってください。

無料テンプレート

上記、無料テンプレートページを開き、「ファイル」→「ダウンロード」を選ぶことで取得できます。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70


ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら

  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-ビジネスフレームワーク