Audible

【徹底比較】オーディオブック・紙の本・電子書籍。結局どれがいいの?メリット・デメリット。

オーディオブック・紙の本・電子書籍とありますが、どれが一番いいのですか?


本記事内容

  • オーディオブック・紙の本・電子書籍とは?
  • オーディオブック・紙の本・電子書籍の比較
  • オーディオブック・紙の本・電子書籍を使い分け


今までは「紙の本」が主流でしたが、近年ではオーディオブック・電子書籍が目立ってきました。


筆者は、オーディオブック・紙の本・電子書籍をバランスよく使い分けています。


今回は「オーディオブック・紙の本・電子書籍の比較」の比較を行いましたので、自分に合うものはどれかの参考してください。

オーディオブックの30日間 無料体験を試す



オーディオブック・紙の本・電子書籍とは?

オーディオブック、紙の本、電子書籍とは何か簡単に紹介します。

オーディオブックとは

オーディオブックは、朗読した音声を聴く本のことです。


本は今まで、目で読むものでしたが、オーディオブックは耳で聴きます。


Amazon Audible(オーディブル)というサービスが有名です。他にもいくつかオーディオブックのサービスがあります。

オーディオブックについて知る


紙の本

書店で売っている紙に文字が書かれたです。

電子書籍

電子書籍は、スマホやタブレットに本のデータを入れて、画面に文字が表示されて読むタイプの本です。


Amazon Kindle などが有名です。

Kindleについて知る


オーディオブック・紙の本・電子書籍のメリット・デメリット

「オーディオブック・紙の本・電子書籍」にはメリット・デメリットがあります。

オーディオブック メリット・デメリット

デメリット

  • 読みたい箇所をピンポイントで聴けない
  • 聴く速度を変えられるものの自分のペースで読めない(飛ばし読みができない)
  • 本のようにパラパラめくり、ざっくり概要をつかむ。ということができない
  • 品揃えが少ない(Amazon Audibleは40万冊)
  • 図鑑等はない(音声で理解できる本のみ)


メリット

  • ながら聴きができる(移動中、勉強中でも聴ける)
  • 音声がデータなので、かさばらない
  • スマホやタブレットさえあれば聴ける
  • スキマ時間で聴ける
  • 好きな箇所はブックマークできる
  • 目が疲れない
  • 受動的なので読書が苦手でも聴ける(読める)
  • 欲しいときに、すぐ買える(本屋にいかなくて良い)


紙の本 メリット・デメリット

デメリット

  • 本が増えると、かさばる
  • 複数冊の場合、持ち運びが大変
  • 本が汚れる(経年劣化やシミなど)
  • 目が疲れる


メリット

  • 品揃えが豊富(世の中の本すべて)
  • 読む速さを自分で決められる
  • 書き込みができる
  • ドッグイヤー(ページの端を折って印を付ける)ができる
  • 本のコレクションができる
  • 友達や家族に本を貸せる
  • 読み終わったらメルカリ等で売れる
  • 中古販売がある


電子書籍 メリット・デメリット

デメリット

  • 目が疲れる
  • 紙の本のようにパラパラめくれない


メリット

  • 品揃えは多い
  • 読む速さを自分で決められる
  • 書き込みができるものもある(電子書籍の種類による)
  • データなので、かさばらない
  • スマホや、タブレットがあれば読める
  • 欲しいときに、すぐ買える(本屋にいかなくて良い)


オーディオブックについて知る


オーディオブック・紙の本・電子書籍の比較

「オーディオブック・紙の本・電子書籍」のメリット・デメリットから比較をします。

本の種類

オーディブル少ない
紙の本多い
電子書籍多い(紙の本には劣る)


本の持ち運び

オーディブル簡単(スマホがあれば良い)
紙の本冊数が多いと重いので大変
電子書籍簡単(スマホがあれば良い)


メモの書き込み

オーディブルできない
紙の本できる
電子書籍できる(※電子書籍による)


目の疲れ

オーディブル疲れない
紙の本疲れる
電子書籍疲れる


買う

オーディブルいつでも買える
紙の本本屋、または、ネット注文が必要
電子書籍いつでも買える


売る

オーディブル売れない
紙の本メルカリ等で売れる
電子書籍売れない


本の汚れ

オーディブルデータなので汚れない
紙の本経年劣化やシミができる可能性あり
電子書籍データなので汚れない


オーディオブックについて知る


オーディオブック・紙の本・電子書籍の使い分け

オーディオブック・紙の本・電子書籍をシーンごとに使い分けてはいかがでしょうか。1つに決める必要はなく、時と場合によって使い分けると便利です。


例えば、飛行機で寝ながらオーディブルを聴く。家では紙の本。会社の昼休みはスマホで電子書籍。など。

オーディオブックを選ぶ

  • 移動中など、ながら聴きをしたい人
  • スキマ時間で聴きたい人


オーディオブックについて知る


紙の本を選ぶ

  • オーディオブックや電子書籍に抵抗がある人
  • 紙の本をコレクションしている人
  • 読み終わったら売りたい人


電子書籍を選ぶ

  • オーディオブックではなく、ちゃんと読みたい人
  • 一度に複数の本を読む人


オーディオブック・電子書籍のすすめ

今まで紙の本を読んできたけど、オーディオブック・電子書籍を試してみたいと考えている人もいるかと思います。


そんな方に向けていくつか情報です。

オーディオブックのすすめ

Amazon Audible(オーディブル)では、無料体験があります。ちょっとオーディオブックを試してみたい人におすすめです。


自分に合わなければ、簡単にやめられます。次のリンクから無料体験に申し込めます。

Amazon Audible の無料体験を試す


Audibleはじめての人に向けて、いくつか記事を書いています。




電子書籍のすすめ

Amazonプライム に登録すると、 電子書籍がある程度、無料で読めるようになります。


Kindleというサービスですが、Amazonプライム 会員限定で0円書籍が多数あります。


Amazonプライム自体は月額(または年会費)のかかるサービスですが、こちらも無料期間がありますので、よかったら試してみてください。


Amazonプライムに登録すると、他にもAmazonの送料が無料になったり、即日配送ができたり、プライムビデオで映画が見れたりします。

Amazonプライムを試す



オーディオブック・紙の本・電子書籍の比較 まとめ

ここまで色々書きましたが、筆者としては自分で試すのが一番かと思います。


はやり好みというものがありますので、全部をおすすめすることはできません。


筆者はいいとこ取りをしたく、シーンにより全部を使い分けるという選択をしました。


これは全部試したからできたことです!


最後に筆者の使い分けを紹介します。

  • 洗濯や料理などの家事、徒歩で移動中などはオーディオブックを聴いています
  • 読み終わったら売ると決めている本は、紙の本を買っています
  • 雑誌や何度も読み返したい本は、電子書籍で買っています


筆者のお気に入りポイント

  • オーディオブック:何度も聴きおなせる。本を何度も読むのは面倒ですが、オーディオブックを何度も聴くのは苦ではないです。いつも速度3倍で聴いています。3時間の本も1時間できけます。何度も聴くことで内容を忘れなくなります。ビジネス書や小説に向いていると思います。
  • 紙の本:新作を買って読んで、すぐに売れば高値で売れます。手間はありますが、差額、数百円で読めます。
  • 電子書籍:図鑑や専門書など図が多いものは、こちらで買っています。また、マンガも買う時があります。


自分なりの楽しみ方を探してみてください。

  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-Audible