ビジネスフレームワーク

【無料テンプレート】6W2H とは? 意味と活用方法。フレームワークをテンプレート付きで書き方を解説。

 

 次の方を対象にしています!

  • 問題の分析方法が知りたい
  • 6W2H の無料テンプレートが欲しい
  • 6W2H フレームワークについて知りたい


問題があるけど、解決できていない。多面的に調査し、判断したい。


そんな方に、オススメなのが 6W2H というフレームワークです。


最後に、無料テンプレートもあります。

参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70

ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら


6W2H とは

  6W2Hは、問題に対する思考を広げるために、問題に対して、多面的に問いかけます。


問いかける内容は8種類

  • Who:だれ?
  • What:なに?
  • Whom:だれに?
  • When:いつ?
  • Where:どこで?
  • Why:なぜ?
  • How:どのように?
  • How much:いくらで?

上記質問に答えることで、情報が整理され、気づいていなかった点に気付けます。

6W2H 手順

この図を埋めていきます。(図は、本記事の最後でダウンロードできます)

ステップ1:テーマを決める

図の中心にテーマ(問題点)を書き込みます。


ステップ2:情報を広げる

テーマに対して8つの疑問に答えながら、思考を広げていきます。

  • Who:主語となる人を明らかにする
  • What:事実や構造を明らかにする
  • Whom:ターゲットや関係自分を明らかにする
  • When:期間やタイミングを検討する
  • Where:場所を検討する
  • Why:意図や狙いを明らかにする
  • How:方法、手段を明らかにする
  • How much:時間、お金、人材などのリソースを検討する


6W2H サンプル

疑問を埋めながら、各疑問を深堀りしてみましょう。


問題に対しての理解を深める

  • 問題を正確に理解しているか?
  • 問題が起きるシチュエーションは?
  • 問題が生まれる理由は?
  • 目をそむけていることはあるか?


6W2H 無料テンプレート

パワーポイントや、Googleスライドで使える無料テンプレートを用意しました。

こちらからダウンロードして使ってください。

無料テンプレート

上記、無料テンプレートページを開き、「ファイル」→「ダウンロード」を選ぶことで取得できます。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70

ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら

  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-ビジネスフレームワーク