Audible

Amazon Audible(アマゾン オーディブル)とは? 意味やサービス内容を紹介します。

アマゾン Audible(オーディブル)が気になっています。サービス内容やどんな人にオススメなんですか?


本記事内容


アマゾン Audible(オーディブル)は、アマゾンが提供している本の朗読サービスです。30日間の無料体験キャンペーンやっています!

アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


Amazon Audible(アマゾン オーディブル) とは? 意味は? 値段は?

Amazon Audibleは、Amazon(アマゾン)が提供しているサービスの一つです。


通販サイトのイメージが強いAmazonですが、他にも様々なAmazonサービスがあります。


家で映画を見れるPrime Video、音楽を聞けるPrime Musicなどのサービスがあり、その中に Amazon Audible があります。


Amazon Audible は、本の朗読サービスです。朗読は、自社のスタジオでプロのナレーターにより収録されています


2015年7月に始まった月額1500円のサービスです。30日の無料体験キャンペーンを常に実施しています(無料期間中にやめることもできます)。

アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


本の朗読

本を読むのは面倒だけど、誰かが読んでくれたら聴くよ!という方は多いのではないでしょうか。


例えば、ランニング中、ドライブ中など本は読めません。しかし、朗読なら聴けます


少し考えてみてください。「みなさんは何のために本を読むのでしょうか?」


小説やライトノベルなら主人公の気持ちになり、ハラハラしたり、泣いたり、怒ったり。


主人公と同じように感情移入することが目的かもしれません。また、非現実感を味わいたい人もいるでしょう。


ビジネス書なら内容を理解して、自分の仕事にどう活かせるか考える人もいるでしょう。


つまり、読むことが目的ではなく、内容を知り、それにより行動や気持ちに変化をもたらしたい、が目的です。


本を読まなくても朗読で内容がわかれば、同じ効果を得られます。

Audibleの意味は?

 Audibleは日本語で「可聴(かちょう)」の意味です。


「聞こえる」「聞き取れる」という言い方もできます。


Audibleというサービスは、「本の内容が聞こえる」という意味が込められていると思われます。

アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


Amazon Audible(アマゾン オーディブル) の内容とは?

Audibleは月額1500円のサービスで、毎月1コインが発行されます。


1コインはどれでも好きな1冊の本(朗読の音源)と交換できます。


1冊1500円とも考えられます。本の価格に関係なく1500円で一冊です。つまり、3000円の本でも1コインと交換になります。


コインを使い切った場合は、翌月まで待つか、課金することで本を買えるようになります。

取り扱いジャンル

次のジャンルを使っています。

ジャンル一覧

ビジネス・自己啓発・現代文学・ライトノベル・BL・声優・SF・ファンタジー・名作文学・時代小説・自伝・ミステリー・ホラー・宗教・哲学・エンタメ・カルチャー・社会・政治・コンピューター・テクノロジー・落語・寄席・演芸・評論・対談・ヒーリング・健康・暮らし・語学・絵本・児童書・古典・神話・洋書


取り扱い数

Audibleでは40万冊を扱っています。その内、1万8000冊が日本語に対応しています。


ジャンル別にオススメの本を紹介しています。


Audibleおすすめオーディオブック

豪華なナレーター

次のような方がナレーターをしています。

ナレーター

杏 ・加瀬 亮・松井 玲奈・宮沢りえ・宮本 隆治・橋本 愛・松坂 桃李・坂口 憲二・糸井 重里・小澤 征悦・上川 隆也・上白石 萌音・城田 優・真木 よう子・早乙女 太一・大久保 佳代子・大塚 寧々・谷田 歩・中村 蒼・田中 哲治・田中 麗奈・田辺 誠一・柄本 佑・朴 璐美・蓮佛 美沙子


一部抜粋したものです。他にも色々な方がナレーターを努めています。


ナレーターの粗油彩は別記事で紹介しています。


登録方法

下のリンクから簡単に登録できます。

Audible に登録する



詳しい登録方法を知りたい方は、こちらの記事を参照ください。画像付きで登録方法を説明しています。メリットやデメリットも書いています。


Audibleの操作方法

さらに別の記事でAudibleでの「本を探す→買う→聴く」までを画像付きで説明しています。退会や返品方法なども書いています。


アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


Amazon Audible(アマゾン オーディブル) をすすめる理由とは?

Audibleをすすめる最大の理由は「ながら聴き」です!

ながら聴き

「ながら聴き」とは、何かをしながら聴くことを言います。


次のようなシチュエーションです。

  • 通勤中・移動中(徒歩、電車、車)
  • 料理中
  • 仕事中
  • ご飯中
  • お風呂中
  • 出かける準備中


「ながら聴き」は、日常のちょっとしたスキマ時間に使えます。

Audibleのメリット・デメリット

Audibuleのメリット

  • ながら聴きができる
  • スキマ時間に聴ける(耳が空いていれば、いつでも聴ける)
  • ラジオ感覚で聞ける
  • 受動的(勝手に情報が入ってくる)
  • ナレーションが心地よい



デメリット

  • 紙の本が好きな人には向かない
  • ナレーターの好き嫌いがある
  • 必ず聴きたい本があるわけではない


本を読むこと(聴くこと)

筆者としては紙の本も、Audibleどちらも素晴らしいと考えています。本はエンターテイメントであり、勉強にもなり、先代の知恵も得られる万能なツールです。


文化庁が2019年に実施した「国語に関する世論調査」では、本を読む人は全体の52.6%、読まない人は全体の47.3%でした。1年間に1冊も読まない人が半数もいます。


それでも本は読んだ方が良いと考えます。理由は次の通りです。

  • 知識が増える
  • 集中力が上がる
  • 力が身につく
  • 思考力が身につく
  • 理解力が身につく


本を読まない人生より、読む人生の方が、人生が豊かになると考えます。


本が読む時間がない、読むのはめんどくさい。そんな方は「スキマ時間で、ながら聴きのできるAudilble」をおすすめします。

アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


体験すること

何事もやってみなければ分かりません。どれが自分に合うのか、合わないのか。


Audibleには30日間の無料体験があります。合わない場合、30日以内にやめれば無料です。


やってみて損はないサービスといえます。


さらに、無料期間中に1冊本がもらえるのですが、その本は退会したとしても引き続き聴けます


無料期間に1冊もらって、無料期間内に退会した場合、0円で1冊もらることになります。


1冊本をもらう気持ちではじめてみては、いかがでしょうか。

アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


Amazon Audible(アマゾン オーディブル) まとめ

まとめ

  • Amazon Audible は本の朗読サービス
  • 月額1500円で利用できる
  • Amazonの複数あるサービスの1つ
  • 40万冊の品揃え(1万8000冊が日本語対応)
  • 「ながら聴き」したい人におすすめ
  • いつでも退会できる


筆者は、紙の本、Audibleどちらも好きです。時と場合により使い分けることで、より多くの情報をインプットしています。エンターテイメントとしても優秀です。たまには通勤の音楽の代わりにAudibleを聴いてみては、いかがでしょうか。

アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-Audible