ビジネスフレームワーク

【無料テンプレート】意思決定マトリクス とは? 意味と活用方法。フレームワークをテンプレート付きで書き方を解説。

 

次の方を対象にしています!

  • タスクを定量化して優先度を整理したい
  • 意思決定マトリクス の無料テンプレートが欲しい
  • 意思決定マトリクス フレームワークについて知りたい


課題やタスクの優先順位を決定したい。


そんな方に、オススメなのが 意思決定マトリクス というフレームワークです。


最後に、無料テンプレートもあります。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70


ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら


意思決定マトリクス とは

 意思決定マトリクスは、多数ある課題を一つずつ定量化し、優先順位をつけるためのフレームワークです。


定量化することで意思決定の手助けをします。


意思決定マトリクス 手順

この表を埋めていきます。(表は、本記事の最後でダウンロードできます)

評価対象を整理する

評価する対象を整理します。「緊急度 / 重要度マトリクス」などを用いて、課題やタスクを決めます。


いくつか候補が絞られた中で、優先順位を決められないものを縦軸の評価対象(選択肢)に書き込みます。


評価項目と重みを設定する

評価対象が決まったら、横軸の項目重みを決めます。

評価項目は例えば以下です。

  • 緊急性
  • 現実性
  • 将来性
  • 収益性
  • インパクト
  • 優位性
  • 展開性


重みは、大切にしている価値観などから決めます。現状よりも将来への投資に重きを置く場合は、× 2.0など高い重みを設定します。

評価を行う

縦軸(評価対象)、横軸(項目と重み)を決定したら、点数を決めていきます。


最終的に合計点を出し、どの課題から手を付けるか決定します。


点数が高いものを必ず行うわけではなく、点数も考慮しながら意思決定してください。

ポイント

  • 何に悩んでいるのか
  • 加点方式、減点方式、どちらにするか
  • 解決をイメージできるのはどれか


意思決定マトリクス サンプル


意思決定マトリクス 無料テンプレート

パワーポイントや、Googleスライドで使える無料テンプレートを用意しました。

こちらからダウンロードして使ってください。

無料テンプレート

上記、無料テンプレートページを開き、「ファイル」→「ダウンロード」を選ぶことで取得できます。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70

ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら

  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-ビジネスフレームワーク