ビジネスフレームワーク

【無料テンプレート】コア・コンピタンス分析 とは? 意味と活用方法。フレームワークをテンプレート付きで書き方を解説。

 

次の方を対象にしています!

  • 他社と比較し、自社の強みを分析したい
  • コア・コンピタンス分析 の無料テンプレートが欲しい
  • コア・コンピタンス分析 フレームワークについて知りたい


他社が真似できない自社の強みとなる能力を分析したい。


そんな方に、オススメなのが コア・コンピタンス分析 というフレームワークです。


最後に、無料テンプレートもあります。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70


ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら


コア・コンピタンス分析 とは

コア・コンピタンス分析は、顧客への価値提供を行う能力のうち、他社には真似できない自社の能力を分析するものです。


コアは芯(中核)、コンピタンスは能力という意味の英語です。つまり、コア・コンピタンス分析は、中核になる能力の分析です。


コア・コンピタンス分析 手順

この図を埋めます。(図は、本記事の最後でダウンロードできます)

分析項目を設定する

左の縦列に分析項目を記入します。できるだけ定量的な項目を設定するよう心がけます。


項目は、業種や企業により異なります。


例えば、

  • 商品サービス開発数
  • 開発スピード
  • 製品シェア率
  • リサーチ力
  • プランニング力
  • 顧客育成力
  • 営業人員数
  • 企画提案力
  • 顧客名簿数
  • 相談対応人員数
  • フォロー力
  • 顧客満足度



調査対象を設定する

自社と競合他社を調査対象にすると、一覧で比較できます。競合他社は複数社並べても問題ありません。

調査を行う

情報収集し、分析をします。定量的に比較できた方が「強み・弱み」がひと目で分かるので便利です。


定量化するために、点数の基準を決めます。基準が決まらない場合は、自社を基準とし「高いか、低いか」など。


他にも、VRIO分析で定量化する方法もあります。こちらの記事で詳しく説明しています。





コア・コンピタンスを整理する

企業のコア・コンピタンス(中核となる能力)が何か?を整理します。


どのようなところに取り組むと、自社にとってプラスかを考えます。


ポイント

  • 他社のユニークな取り組みはあるか?
  • 各社の強みと弱みはなんだろう?
  • どんな強みがあると会社にとってプラスか?
  • 競合他社が積み上げてきたものは何か?


コア・コンピタンス分析 サンプル


コア・コンピタンス分析 無料テンプレート

パワーポイントや、Googleスライドで使える無料テンプレートを用意しました。

こちらからダウンロードして使ってください。

無料テンプレート

上記、無料テンプレートページを開き、「ファイル」→「ダウンロード」を選ぶことで取得できます。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70


ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら

  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-ビジネスフレームワーク