ビジネスフレームワーク

【無料テンプレート】ペルソナ とは? 意味と活用方法。フレームワークをテンプレート付きで書き方を解説。

 

次の方を対象にしています!

  • ターゲットを明確にし、詳しく知りたい
  • ペルソナ の無料テンプレートが欲しい
  • ペルソナ フレームワークについて知りたい


サービスや商品の顧客を具体的に言語化し、ターゲットを詳しく知りたい


そんな方に、オススメなのが ペルソナ というフレームワークです。


最後に、無料テンプレートもあります。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70


ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら


ペルソナ とは

ペルソナは、サービス・商品の受けてを想像し言語化したものです。(イメージ画像を使うこともあります)


英語「Persona」は登場人物という意味になります。どういう人が、どういう目的で自社の製品を買うのか分析するために利用します。


相手の考えや状況を想像することで、顧客の気持ちに寄り添えます。


また、複数人で行うプロジェクトの場合は、ペルソナを決めることで、同じターゲットの認識を持てます。


例えば、香水を作る場合。30代後半女性に向けた香水と、20代前半向けの香水では、違ってきますよね。ターゲットを明確にして、サービス開発などを進めることで認識違いを減らせます。

ペルソナ 手順

この図を埋めます。(図は、本記事の最後でダウンロードできます)

ペルソナを抽出する

ターゲットとなる顧客を抽出し、ペルソナを設定します。特定の1人を思い浮かべてみましょう。


複数ターゲットを決めることもありますが、その場合は、別のシートに記入してください。


調査を行う

本人や周辺自分のインタビュー、アンケート、観察などにより情報を収集します。


より細かい情報を集めることで具体的にイメージできます。


例えば、

  • 名前
  • 性別
  • 年齢
  • 家族構成
  • 居住地
  • 職業
  • 収入
  • 趣味
  • 休日の過ごし方
  • 好きな雑誌・音楽・映画
  • 担当業務
  • チャレンジしていること
  • 悩み
  • 検索キーワード


情報を整理する

情報を収集したら、ペルソナ像を書き出して整理します。仮説と検証を繰り返し、少しずつペルソナ像を修正することで、よりリアルになります。


ペルソナを設定できれば、相手の悩みを解決できる可能性が広がります。


例えば、ダイエットで悩んでいる人のペルソナを設定し、具体的な気持ちが想像できれば、その人に向けて、どのような方法なら解決できるかが考えられます。


不特定多数を思い浮かべた場合、情報が広く浅くなり、悩みを解決できない場合があります。それよりも、特定の1人を決め、その人の悩みを解決することで、同じ悩みを持つ多数の人を満足させましょう。


ポイント

  • 知っていることを全部書き出す
  • ペルソナはどんな人生を歩みたいか?
  • ペルソナは、コンプレックスがあるか?


ペルソナ サンプル


ペルソナ 無料テンプレート

パワーポイントや、Googleスライドで使える無料テンプレートを用意しました。

こちらからダウンロードして使ってください。

無料テンプレート

上記、無料テンプレートページを開き、「ファイル」→「ダウンロード」を選ぶことで取得できます。


参考:ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発送ツール70


ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で試せます!
>> 詳細はこちら

  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-ビジネスフレームワーク