BOOK ビジネス書

【要約】エフェクチュエーション 優れた起業家が実践する「5つの原則」|本の紹介・あらすじ・書評・感想・レビュー・まとめ

※アフィリエイト広告を利用しています

エフェクチュエーション」を紹介します!

次の方を対象にしています。

  • 書籍「エフェクチュエーション」の内容が知りたい
  • 「手中の鳥」の原則が知りたい
  • 「許容可能な損失」の原則が知りたい
  • 「レモネード」の原則が知りたい
  • 「クレイジーキルト」の原則が知りたい
  • 「飛行機のパイロット」の原則が知りたい


書籍「エフェクチュエーション」を紹介します。起業家がどのような思考で事業を行っているかが分かります。


起業家の共通する考え方がありました。それは「不確実性の高いことに挑むときに分析をするのではなく、コントロールして対処すること」そのために必要な思考法を総じて「エフェクチュエーション」と名付けました。


世界的経営学者が発見!
戦略や計画よりも重要で、成功に直結する思考法

「手中の鳥」の原則
「許容可能な損失」の原則
「レモネード」の原則
「クレイジーキルト」の原則
「飛行機のパイロット」の原則

を習得できる、日本初の入門書が登場!

【エフェクチュエーションとは】
エフェクチュエーションを発見し、提唱したのは、
現在米国のヴァージニア大学ダーデンスクールで
アントレプレナーシップの教授を務める
サラス・サラスバシーという経営学者です。
彼女は、カーネギーメロン大学の博士課程在学中に、
熟達した起業家たちに対する意思決定実験を行いました。
そこで発見されたのは、起業家たちの意思決定における
明確なパターンの存在でした。
その論理は5つの特徴的なヒューリスティクス(経験則)に落とし込まれ、
総体として「エフェクチュエーション」(Effectuation)と名付けられました。
2001年に、経営学分野で最高峰の学術雑誌『アカデミー・オブ・マネジメントレビュー』
で最初の論文が発表されて以来、エフェクチュエーションは、
アントレプレナーシップや価値創造に関わる分野を中心に、
幅広い領域に大きなインパクトを与えています。

【エフェクチュエーションの特徴】
・「目的」ではなく、手持ちの「手段」から生み出せる効果(effect)を重視する
・「予測」ではなく「コントロール」によって対処する
・予測や計画を重視するコーゼーション(因果論)が通用しない、不確実な状況でも有効
・特別な天才の思考法ではなく、どんな人でも学習して身につけられる!

Amazonより引用



エフェクチュエーション」を紹介します。


参考:エフェクチュエーション


\ Audilble『30日間無料体験実施中! /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『30日間無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説



エフェクチュエーション【要約】|エフェクチュエーションの全体像

エフェクチュエーションで大事なことは目的ではなく手段に目を向けることです。


たとえば「英会話教室を開業する!」と目的を決めたとします。すると開業のために必要なことがたくさん出てきます。資金の問題、場所、講師、教材などなど。


ひとつずつ対処していけば開業に辿り着けるかもしれません。しかし、やることが多すぎて何から手をつけていいか分からなくなったり、目標が大きすぎて辿り着けるイメージができなかったりします。


その場合に目的を決めず、手段に目を向けます。学生や社会人に英語を教えたい!という動機であれば、英会話教室ではなく、YOUTUBEでの発信や、オンライン教室、ブログ発信なども考えられます。「英会話教室を開業」と目的を決めてしまうことで、これらの選択肢に目が向かなくなってしまうのです。


そのために大事な考え方が3つあります。

  • 私は誰か?:どのような趣味や特技、スキル、特性を持っているか
  • 私は何を知っているか?:どのような知識を持っているか
  • 私は誰を知っているか?:どのような人とつながりがあるか


自分にできることから、はじめてみるのです。


5つの原則に基づいて考えます。

  • 「手中の鳥」の原則
  • 「許容可能な損失」の原則
  • 「レモネード」の原則
  • 「クレイジーキルト」の原則
  • 「飛行機のパイロット」の原則


この原則を守ることで成功に近づけるでしょう。これらは一般的な原則です。どのようなものか説明していきますね。


\ Audilble『30日間無料体験実施中! /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『30日間無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

エフェクチュエーション【要約】|手中の鳥の原則。まとめ

「手中の鳥の原則」とは、何かを手に入れたり成功したりしたときに、それを大切にし、失わないようにすることを意味します。


たとえば新しいことを覚えたり、大切な試合で勝ったりした場合、それを大切にしましょう。一度手に入れたものは壊れないように気をつけ、試合での成功を続けるために練習を怠らないようにします。


手中の鳥の原則は、何かを手に入れたからこそ、それを失わないように注意することが大切だということです。大切なものや成功は、大切にしなければなくなってしまうこともありますよね。だからこそ、それを大切にし、守ることが大切です。


誰しも他の人が持っているものを羨ましく思ったり、別のものが欲しくなったりするものです。


でも目を向けるのは自分が今持っているものです。自分が得意とすること、好きなこと、諦めず頑張れることがなにかあると思います。そこを中心に考えましょう。


「自分に何ができるか?」からスタートするのです。英語だったり、サッカーだったり、論理的思考だったりするはずです。

エフェクチュエーション【要約】|許容可能な損失の原則。まとめ

「許容可能な損失の原則」は、リスク管理や決定のプロセスにおいて重要な原則の一つです。これは、ある事象や活動に伴う損失やリスクが許容できる範囲内に収まることを意味します。


「許容可能な損失の原則は、何かをするときや決定をするときに、その結果に関連する損失やリスクが、我々が許容できる範囲内に収まることを考える大切なルールです。


たとえば、新しいビジネスを始めるとき、ある程度のお金や時間を失うかもしれません。しかし、その損失が我々が許容できる範囲内にある場合、それを試してみることができます。しかし、大切なことは、損失が我々の我慢の限界を超えないようにすることです。


特に自分が本当にやりたいことだと、許容できる金額が大きくなる傾向にあります。最初に自分がどれだけ損失を許容できるのか決めたら、絶対にそれを超えてはいけません!


許容可能な損失の原則は、リスクを取ることができるけれども、無分別に行動しないようにするためのルールです。大切なことは、リスクを考え、自分の限界を知り、賢明な決定をすることです。

\ Audilble『30日間無料体験実施中! /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『30日間無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

エフェクチュエーション【要約】|レモネードの原則。まとめ

「レモネードの原則」は、困難や逆境を乗り越え、ポジティブな変化や成長に変えるアプローチや考え方を指します。


なにか困難や問題が生じたときに、その状況を前向きに捉え、何か良いことを見つけようとする考え方です。たとえば、甘いレモンを作ろうとしたのに、どうしてもできませんでした。がっかりして全部を諦めるのではなく、それなら酸っぱいレモンを元に、甘いレモネードを作ることができるかもしれません。


失敗をポジティブに考えると、新しい何かが生まれるのです。


ポストイット(付箋)の話があります。最初は粘着力の強い接着剤を作ろうとした結果、しっかり付くけど、簡単に剥がれる素材ができました。最初に作ろうとしたものとは違うけど何か転用できないかと考えて発明されたのがポストイットです。このように誕生したポストイットは世界的で使われています。


レモネードの原則を用いると、失敗だと思ったことが失敗ではなくなります。損失だと思って諦めていたものも損失ではなくなる可能性を秘めているので素敵です。

エフェクチュエーション【要約】|クレイジーキルトの原則。まとめ

クレイジーキルトとは、大きさや色や形が違う布を縫い合わせて作る布のことです。色んな柄が組み合わさって新しい柄になります。


関連しそうな顧客や起業家や従業員などをパートナーと捉えて、みんなでゴールを目指していくのがクレイジーキルトの原則です。


必要であればどんな相手でもパートナーになって、試行錯誤を繰り返すことで成功に近づけます。

エフェクチュエーション【要約】|飛行機のパイロットの原則。まとめ

どんなことでも不測の事態というのは起こるものです。起きても問題がないようにコントロールするのが「飛行機のパイロットの原則」です。


飛行機は自動操縦なので、基本的にパイロットは何もしなくても目的地に向かいます。しかし何かの拍子にルートを外れてしまったり、予期せぬ事態が起こったりしたらどうでしょうか。


そのような場合でも問題なくコントロールできるようにパイロットがいるのです。それにより常に安全にお客さんを目的地まで運べます。


ビジネスでも不測の事態は起きます。起きるものと認識した上でコントロールすれば良いのです。このような考え方ができると成功に近づけます。

エフェクチュエーション【要約】|まとめ

エフェクチュエーションを紹介しました。5つの原則を繰り返し使うことで、成功に近づけます。

  • 「手中の鳥」の原則:何ができるかを考える
  • 「許容可能な損失」の原則:コミットメントする際に、失敗できる範囲を考える
  • 「レモネード」の原則:予期せぬ事態は起こるものとして考える
  • 「クレイジーキルト」の原則:他者とどのような関係になるか考える
  • 「飛行機のパイロット」の原則:不測の事態が起きても対処できるようコントロールする



参考:エフェクチュエーション

最後に本をお得に読む方法を2つ紹介します。

Amazon Audible(本の聴き放題サービス)


1つ目は Amazon Audible です。Audible は本を朗読していくれるサービスです。通勤通学時にも聞けるのでインプットにピッタリです!

おすすめポイント!

  • 好きな本が何冊でも聴き放題
  • 最初の1ヶ月は完全無料!
    • キャンペーンにより2ヶ月無料の場合もある
    • 無料期間後は、月額1500円
    • 1ヶ月以内に解約した場合、料金は一切かかりません
  • 通勤・通学時やスキマ時間に聴ける
  • 小説からビジネス書まで12万冊以上の取り扱い
  • 必要なのはスマホだけ
  • 読書が苦手でもラジオ感覚で聴ける

\ Audilble『30日間無料体験実施中! /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『30日間無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説


Amazon Kindle Unlimited(本の読み放題サービス)

2つ目は Amazon の Kindle Unlimited です。毎月定額で小説や漫画、ビジネス書、雑誌など200万冊以上が見放題!さらに30日の無料期間があります。

おすすめポイント!

  • 好きな本が何冊でも読み放題
  • 最初の30日間は完全無料!
    • 無料期間後は、月額980円
    • 30日以内に解約した場合、料金は一切かかりません
  • 200万冊以上の豊富なラインアップ
  • 月に1冊以上読む方であれば、すぐに元が取れる!
  • 必要なのはスマホだけ

\ 今ならKindle Unlimited無料体験期間中 /

好きな本が読み放題!Kindle Unlimited 30日間 無料体験を試す




  • この記事を書いた人

おやすみドリー

ビジネス書籍を中心に年間100冊以上の本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)の読書方法を紹介 | 世の中の素晴らしい本をたくさんの人に届ける | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説・漫画を幅広くインプット | ビジネス思考・読書方法・文章の書き方も発信中

-BOOK, ビジネス書