BOOK 小説

【書評】世界でいちばん透きとおった物語(杉井 光)|本の紹介・あらすじ・感想・レビュー

※アフィリエイト広告を利用しています


杉井 光さんの「世界でいちばん透きとおった物語」。主人公が父の遺稿「世界でいちばん透きとおった物語」を探す物語です。


最初に大事なことを伝えます。この本の魅力は、文庫本で読むことです。文庫本でしか成立しない物語なのです。ゆえに電子書籍や単行本での発売は現在ありません。


杉井 光さんが本に仕掛た謎を知りたい方はぜひ文庫本「世界でいちばん透きとおった物語」をお読みください。


大御所ミステリ作家の宮内彰吾が、癌の闘病を経て61歳で死去した。


女癖が悪かった宮内は、妻帯者でありながら多くの女性と交際しており、そのうちの一人とは子供までつくっていた。それが僕だ。


宮内の死後、彼の長男から僕に連絡が入る。


「親父は『世界でいちばん透きとおった物語』というタイトルの小説を死ぬ間際に書いていたらしい。遺作として出版したいが、原稿が見つからない。なにか知らないか」


奇妙な成り行きから僕は、一度も会ったことがない父の遺稿を探すことになる。知り合いの文芸編集者・霧子さんの力も借りて、業界関係者や父の愛人たちに調べを入れていくうちに、僕は父の複雑な人物像を知っていく。


やがて父の遺稿を狙う別の何者かの妨害も始まり、ついに僕は『世界でいちばん透きとおった物語』に隠された衝撃の真実にたどり着く――。

Amazonより引用



世界でいちばん透きとおった物語」を紹介します。


参考:世界でいちばん透きとおった物語


\ 2月29日迄限定、Audilble『2ヶ月間無料体験 /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『2ヶ月無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説



世界でいちばん透きとおった物語|著者:村井 光

高校卒業後、フリーターを6年、ニートを3年経験。


フリーター時代は、アマチュアバンドでキーボードを担当。趣味は料理と麻雀。


『火目の巫女』で、第12回電撃小説大賞の銀賞を受賞。


公式サイトにおいての職業は、小説家・ニートとなっている(2007年10月時点、2012年9月時点でも同様の記述を確認)。


主にライトノベルレーベルから多様な作品を発表して来たが、『超越数トッカータ』(後述の「蒔田シュン」シリーズ第一作)にて一般文芸誌へと進出した。


wikipediaより

世界でいちばん透きとおった物語|あらすじ

大御所ミステリ作家の宮内彰吾が、癌の闘病を経て61歳で死去したのが物語のはじまり。


宮内彰吾は妻がいながら多くの女性と交際しており、交際相手の子どもが主人公だ。


それまで父と関わりのなかった主人公だが、宮内彰吾の死により長男から連絡があった。内容は父が最後に書いていた小説『世界でいちばん透きとおった物語』を知らないか?というものだ。


遺作として出版すればヒットするだろうと思った長男が探していたが見つからなかったので、関係のありそうな人物に声をかけていた。


しかし主人公は父に会ったことはないし、『世界でいちばん透きとおった物語』なんて知らない。それでも原稿探しを協力することにした。


最初は興味がなかったが、だんだんとどんな物語なのか興味が湧いてくる。しかしタイトルだけじゃ内容なんて分からない。


宮内彰吾と関係のあった女性が何か情報を持っていないか、調査することにした。聞き込みにより少しずつ父のことが明らかになっていく。


それは主人公が思っていた父なのか、それとも違うのか。原稿の在り処までたどり着けるのかたどり着けないのか。


『世界でいちばん透きとおった物語』とはどのような物語なのか。少しずつ点と点が線でつながれていく。


一度も会うことなく亡くなった父を知ることで主人公はどのような気持ちに変化があるのか。いくつもの謎が徐々に解き明かされていく。


そして衝撃のラスト。詳細は本書をお読みください。

参考:世界でいちばん透きとおった物語


世界でいちばん透きとおった物語|感想

この小説にはトリックがあります。ネタバレになってしまうため詳細は言えません。なので内容が気になる方は、文庫を買ってください。


実際に読まないと分かりません。ありそうでなかった工夫(トリック)を知ったときにニヤリとします。


物語も面白く、愛人からのインタビューを通して少しずつ、宮内彰吾や謎が明らかになっていくので、続きが気になります。情報が小出しになることで、自分のあたまの中でも、ここまでは明らかになったな、と整理されていきます。


感想と言ってもネタバレできない関係で、あまり伝えられていませんので、気になる方は本をお読みください。


参考:世界でいちばん透きとおった物語

最後に本をお得に読む方法を2つ紹介します。

Amazon Audible(本の聴き放題サービス)


1つ目は Amazon Audible です。Audible は本を朗読していくれるサービスです。通勤通学時にも聞けるのでインプットにピッタリです!

おすすめポイント!

  • 好きな本が何冊でも聴き放題
  • 最初の1ヶ月は完全無料!
    • キャンペーンにより2ヶ月無料の場合もある
    • 無料期間後は、月額1500円
    • 1ヶ月以内に解約した場合、料金は一切かかりません
  • 通勤・通学時やスキマ時間に聴ける
  • 小説からビジネス書まで12万冊以上の取り扱い
  • 必要なのはスマホだけ
  • 読書が苦手でもラジオ感覚で聴ける

\ 2月29日迄限定、Audilble『2ヶ月間無料体験 /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『2ヶ月無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説


Amazon Kindle Unlimited(本の読み放題サービス)

2つ目は Amazon の Kindle Unlimited です。毎月定額で小説や漫画、ビジネス書、雑誌など200万冊以上が見放題!さらに30日の無料期間があります。

おすすめポイント!

  • 好きな本が何冊でも読み放題
  • 最初の30日間は完全無料!
    • 無料期間後は、月額980円
    • 30日以内に解約した場合、料金は一切かかりません
  • 200万冊以上の豊富なラインアップ
  • 月に1冊以上読む方であれば、すぐに元が取れる!
  • 必要なのはスマホだけ

\ 今ならKindle Unlimited無料体験期間中 /

好きな本が読み放題!Kindle Unlimited 30日間 無料体験を試す




  • この記事を書いた人

おやすみドリー

書籍を中心に年間100冊以上の本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)の読書方法を紹介 | 世の中の素晴らしい本をたくさんの人に届ける | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説・漫画を幅広くインプット | ビジネス思考・読書方法・文章の書き方も発信中

-BOOK, 小説