小説

【書評】推し、燃ゆ|本の紹介・あらすじ・感想・レビュー


宇佐見りんさんの二作品目「推し、燃ゆ」。第164回芥川賞受賞作の本書。


アイドルグループ「まざま座」の上野真幸を推す「山下あかり」の物語。


推しがいる人もいない人も読んで欲しい一冊。「推し、燃ゆ」を紹介します。


参考:推し、燃ゆ


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


推し、燃ゆ|あらすじ。

ネタバレはありません。


「推しが燃えた」から物語ははじまる。主人公は高校生の「山下あかり」。彼女には推しがいる。


アイドルグループ「まざま座」の一人「上野真幸(うえのまさき)」だ。


学校にも家にも心地よいとは思えず、彼女を救ってくれる存在、それが「上野真幸」。推しを応援することが彼女の楽しみだった。


アルバイトをするのは推しのCDやコンサートにいくため。そんな推しが燃えたのだ(炎上した)。


彼女にとって推しが生活のすべて、自分の背骨のような存在。推しがいないことは考えられない。


そんな推しが炎上するが、彼女は応援を続ける。彼女の推し活はどうなるのか、上野真幸もどうなっていくのか。

推し、燃ゆ|レビュー・感想・書評

「推し」とは、人やモノを薦めること、最も評価したい・応援したい対象として挙げること。


この物語は終始「推し」によって成り立っている。ただ推しの「上野真幸」目線での話や、「上野真幸」の心情は一切でてこない。


あくまで中心は推しをしている「山下あかり」自身なのである。推し活をしている人の目線を良く表していると思う。


推しは応援するが、距離があり近づけはしない。その人のことを知るのはニュースやインターネットの情報だけ。


そこから自身が考えること、周りのファンの反応がリアルに表現されている。


誰かを「推す」とはどういうことか、知れる本でもある。推しがいる人は共感できるだろう。


ただ推しにも種類がある。その人の作品が好きな人、人間性に惹かれる人、恋愛対象として見ている人。どのように推しを見て、どのように応援するかは人それぞれ。


参考:推し、燃ゆ


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-小説