読書

「読書の秋」なぜ?由来や過ごし方を解説|おすすめ書籍も紹介

※アフィリエイト広告を利用しています

読書の秋の由来が知りたいな?芸術の秋、スポーツの秋などなんで秋がつくの?

次の方を対象にしています!

  • 「読書の秋」の由来は?
  • 読書の秋の由来は?
  • 読書の秋はどう過ごせばいい?
  • ◯◯の秋はどんな種類がある?


\ Audilble『30日間無料体験実施中! /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『30日間無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

結論

  • 秋は読書に適した季節
  • 中国の唐時代の詩人である韓愈(かんゆ)の詩が由来
  • 夏目漱石の「三四郎」で韓愈の詩を引用したことがきっかけで「読書の秋」が広まった
  • 読書習慣
    • 毎年10月27日から11月9日までの2週間に開催される
    • この期間は、アメリカのチルドレンズ・ブック・ウィークと日本の文化の日が影響している
  • ◯◯な秋の種類と由来
    • 「芸術の秋」「文化の秋」は、1918年に出版された雑誌「新潮」に掲載された「美術の秋」という言葉に由来する
    • 「食欲の秋」という言葉の由来には諸説ありますが、最も有力な説は、秋はさまざまな食材が旬を迎えることから、美味しいものを食べる機会が増すため
    • 「スポーツの秋」の由来は、1964年に開催された東京オリンピック。このオリンピックの開会式は10月10日で、この日を体育の日として制定した。この頃から、国民にスポーツを楽しもうと呼びかけ、運動会も秋に行われることが多くなった。

読書の秋

なぜ読書の秋という?意味や由来

「読書の秋」は、秋が読書に適した季節であることを意味します。秋は夏に比べて活動しやすいため、やる気や集中力を維持しやすいです。また、秋は夜が長く、静かに過ごす時間が増えます。

特に昔は、夏は暑く、冬は寒いので本に集中できなかったのではないかと考えます。春は新しい学校や会社の季節のため忙しく、学校や仕事が落ち着き、秋は気温も穏やかのため、自分のために時間を使えるのではないでしょうか。

そもそも「読書の秋」の由来は、中国の唐時代の詩人である韓愈(かんゆ)の詩にある「燈火(とうか)親しむべし」という言葉です。この言葉は、秋の夜は灯りをともして読書をするのにふさわしいという意味です。

日本では、夏目漱石が1908年に発表した小説『三四郎』で韓愈の詩を引用したことがきっかけで、「読書の秋」という考えが広まったとされています。

次のようなことも関係していると考えられます。

  1. 室内で過ごしやすい: 夏の暑さが終わり、秋は気温が過ごしやすくなります。室内で読書するのが快適で、外で本を読むのも気持ちが良い季節です。昔のことであり、現在ではクーラーなどで年中快適な空間を作れるため、いつでも読書できる環境になっています。
  2. 新学期の始まり: 秋は新しい学年が始まる季節でもあります。新しい教科書や読み物に出会い、読書の習慣を身につける良い機会です。
  3. 図書館や書店のイベント: 秋には図書館や書店でさまざまな読書イベントやキャンペーンが行われることがあります。新刊の本が多く出版され、読者に楽しみを提供します。
  4. 文学的な行事: 文学賞や文学フェスティバルなど、文学や読書に関するイベントが秋に盛んに開催されます。これらの行事で作家や読者が交流し、新たな作品を発表する機会が増えます。

「読書の秋」は、秋が読書と学びの季節であることを指す言葉で、新しい知識を得たり、物語の世界に浸ったりするのに最適な季節とされています。小学生にとっても、秋は読書の楽しみを追求する良い機会です。

日本では、夏目漱石さんが読書の秋を広めたのね!

9月に読む意味・メリットやデメリット

メリット:

  1. 新学期の始まり: 9月は多くの国で新学年が始まる月です。新しい教科書や学習の機会が提供され、読書を通じて学びを深めることができます。
  2. 秋の読書リスト: 秋の読書リストを作成し、新しい本を楽しむことができます。
  3. 室内で過ごしやすい: 9月は夏の暑さがおさまり、室内で快適に読書できる季節です。窓からの涼しい風を感じながら読書するのは気持ちが良いものです。
  4. 読書の習慣を身につける: 新学期の始まりをきっかけに、読書の習慣を身につけるのに最適な時期です。毎日少しずつ読書をすることで、知識や語彙が増え、学業にもプラスになります。

デメリット:

  1. 忙しいスケジュール: 9月は新学期の始まりや仕事の忙しい時期であり、時間の制約があるかもしれません。読書時間を確保することが難しいことがあります。
  2. 集中力の低下: 新しい環境やスケジュールの変化により、集中力が低下することがあります。読書に十分な集中力を割けないかもしれません。
  3. 課題や宿題の増加: 学校や仕事において、課題や宿題が増えることがあり、読書時間を削る必要が出てくるかもしれません。
  4. 気分の変化: 9月は気温や天候が変わりやすい季節で、気分に影響を与えることがあります。気分が沈んだり、忙しかったりすると、読書に取り組むのが難しいことがあります。

9月に読書することには多くのメリットがあります。しかし、忙しいスケジュールや課題の増加といったデメリットも考えなければなりません。

読書を楽しむためには、時間を適切に確保し、自分のペースで進めることが大切です。

自分のペースで「読書の秋」を楽しみたいな!

\ Audilble『30日間無料体験実施中! /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『30日間無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

読書の秋に本は売れているのか?

9月は書籍の売上が伸びるのでしょうか?

  • 1月:お正月に本は売れやすい。年末年始の休みで時間があるため、読書をする人は増える傾向にあります
  • 2月:お正月休みも落ち着き、本の売れ行きは低迷します
  • 3月:進学、就職、引っ越しなどイベントの多い季節で、新社会人などビジネス系などの本の売れ行きが良い時期です
  • 4月:新生活がはじまり、勉強しなきゃ!と思う人が増え本の売れ行きも良くなります。参考書やスキルの書籍が良く売れます
  • 5月:ゴールデンウィークのまとまった休みで本を読む人が増えます。特に旅行系の本が売れます
  • 6月:雨の日が続くため、書店に行く人が減ります。ただネットでも本が買える時代なので、雨の影響は減っていきそうですね
  • 7月:夏休みとなるので、旅行やレジャーの本を中心に売れます。学生なら読書感想文もありますよね。さらに7月には芥川賞・直木賞の発表もあります
  • 8月:7月と同じく夏休みが続くため、本は売れ続けます。
  • 9月:読書の秋と言われますが、本の売れ行きは低迷です。紅葉や温泉の本は売れます。
  • 10月:9月に続き、低迷期。
  • 11月:10月に続き、低迷期。
  • 12月:年末年始の休みで本が売れます。各メディアで「今年の本ランキング」などが取り上げられます

9月だからといって書籍の売上が伸びるわけではないのね!むしろ低迷時期なら本を読んで、著者や本屋さんにも貢献したいな!

読書の秋の過ごし方

「読書の秋」を楽しむための過ごし方は、個人の好みやライフスタイルに合わせてさまざまです。いくつかアイデアを紹介します。

  1. 読書リストを作成: 読みたい本やジャンルをリストアップします。新刊や古典、小説やノンフィクションなど、興味を持つ本を選んでおくと、読書の計画が立てやすくなります。
  2. 定期的な読書時間を確保: 毎日、または週に何回か、定期的な読書時間を確保しましょう。朝のコーヒータイム、寝る前のリラックスタイム、通勤時間など、日常の中で読書を組み込むことが大切です。
  3. 読書スペースを整える: 快適な読書スペースを整えて、集中しやすい環境を作りましょう。静かな場所、良い照明、快適な椅子やクッションなどを用意すると、読書の体験が向上します。
  4. 図書館や書店を訪れる: 地元の図書館や書店を訪れ、新しい本を見つけたり、読書イベントに参加したりして、読書仲間と交流しましょう。
  5. 読書グループに参加: 読書グループやクラブに参加すると、共通の興味を持つ仲間と本を読みながら議論したり、新たな本を紹介し合ったりできます。
  6. 異なるジャンルに挑戦: 新しいジャンルや著者に挑戦することで、読書の幅が広がります。自分の好みに合わないと思っていたジャンルも、意外に楽しむことができるかもしれません。
  7. 読書日記をつける: 読書日記をつけると、読んだ本や感想を記録し、自分の読書の進捗を追跡できます。また、後で読んだ本の印象を振り返ることができます。
  8. 友人や家族と共有: 読んだ本の中からおすすめの本を友人や家族と共有しましょう。本の話題を共有することで、読書を楽しむ仲間を作ることができます。

「読書の秋」は、自分のペースで本を楽しむ絶好の季節です。自分の好みに合った方法で読書を楽しみ、新しい知識や体験を得ることができます。

わたしはどんな風に読書しようかな♬

秋の読書週間

「読書週間」は、毎年10月27日から11月9日までの2週間に開催されます。この期間は、アメリカのチルドレンズ・ブック・ウィークと日本の文化の日が影響しているようです。

「秋の読書週間」を楽しむためのアイデアをいくつか紹介します。

  1. 読書マラソン: 参加者は一週間の間にできるだけ多くの本を読むことを目指します。読書の量やページ数に応じてポイントを競い合い、最も多くの本を読んだ人に賞を贈ります。
  2. 読書リレー: 参加者はお互いに本を推薦し合い、推薦された本を読んで感想を共有します。この活動を通じて、異なるジャンルや著者に触れる機会が提供されます。
  3. 読書カフェ: 参加者は特定の日に集まり、自分のお気に入りの本を持ち寄り、お互いに本の要約や感想を共有します。読書に関する興味深い議論を楽しむ場として活用できます。
  4. 読書チャレンジ: 一週間の間に特定のジャンルやテーマに関連した本を読むチャレンジを設けます。例えば、SF小説、歴史書、自己啓発本など、異なるテーマに挑戦します。
  5. 読書ワークショップ: 本の分析や批評に興味がある人たちのために、読書ワークショップを開催します。本の要素や文学的な手法について議論し、深く理解します。
  6. 読書の振り返り: 一週間の終わりに、参加者は自分が読んだ本についての感想や学んだことを振り返ります。この振り返りを通じて、読書の楽しみを共有しましょう。
  7. 読書関連イベントの参加: 地元の図書館や書店で開催される読書関連のイベントに参加しましょう。著者の講演、本のフェア、読書コンテストなどが行われています。

「秋の読書週間」は、読書愛好者が集まり、本を楽しむための素晴らしい機会です。参加者が新しい本に触れ、知識を深め、読書の楽しみを共有できることを楽しみにしています。

いろいろな楽しみ方ができそう!

\ Audilble『30日間無料体験実施中! /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『30日間無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

なんとかの秋・◯◯な秋

食欲の秋なぜ?(由来や意味)

「食欲の秋」という言葉の由来には諸説ありますが、最も有力な説は、秋はさまざまな食材が旬を迎えることから、美味しいものを食べる機会が増すためです。

昔はビニールハウス栽培が行われていなかったため、収穫した野菜は旬の時期にしか食べることができませんでした。

また、夏の暑さで落ちた体力も回復し、食材の収穫期でもあることからも「食欲の秋」と呼ばれるようになったと考えられています。

秋は夏よりもエネルギー消費が増え、体の基礎代謝が上がります。そのため、秋は体が失ったエネルギーを補うために積極的に栄養を摂ろうとすることから、食欲が増してしまうといわれています。

特徴:

  1. 収穫の季節: 秋は農作物が収穫される季節です。たくさんの野菜や果物が収穫され、新鮮でおいしい食材が手に入ります。例えば、さつまいも、栗、りんご、秋刀魚などが秋に楽しめる美味しい食べ物です。
  2. 秋の味覚: 秋に収穫される食材は、旬の味が楽しめるものが多いです。季節の移り変わりに合わせて、食べることができる食材が変わり、それが食欲をそそります。
  3. 食事の楽しみ: 秋は過ごしやすくて快適な季節でもあり、家族や友達との食事が楽しいと感じることが多いです。特に秋の行事や祭りで美味しい食べ物を楽しむ機会が増えます。
  4. 食べる楽しみ: 秋は食べ物に対する楽しみが広がる季節で、新しい料理やお菓子を試す楽しみもあります。家庭での料理やお弁当も工夫しやすいです。

秋になると、新しい食材やレシピを試して、食べることの楽しみを味わうことができます。

メリット:

  1. 美味しい食べ物の楽しみ: 秋は新鮮でおいしい食材が豊富に手に入ります。秋刀魚、栗、さつまいも、りんごなど、旬の食材を楽しむことができます。これにより、食事がより美味しく、楽しいものとなります。
  2. バラエティ豊かな料理: 秋の食材は多様で、さまざまな料理を試す機会があります。料理のバリエーションが豊かになり、新しい味覚を発見できます。
  3. 食事の共感覚: 秋は家族や友人と一緒に食事を楽しむ季節でもあります。食事を通じて人とのコミュニケーションを図る機会が増え、人間関係を深めることができます。

デメリット:

  1. カロリー摂取の増加: 秋になると、美味しい食べ物が多くなるため、カロリー摂取が増えがちです。食べ過ぎに注意が必要で、食事のバランスを考える必要があります。
  2. 健康への影響: 食べ物が美味しい季節だからといって、健康を無視して食べ続けることは良くありません。過度な食事は肥満や健康問題を引き起こす可能性があります。
  3. 食材の値段: 一部の秋の食材は季節によって価格が高騰することがあります。予算に合わせた食事プランを立てることが重要です。

「食欲の秋」は美味しい食べ物を楽しむ楽しい季節ですが、適切な食事のバランスと節制が必要です。美味しい食べ物を楽しむ一方で、健康にも気を配りましょう。

芸術の秋なぜ?(由来や意味)

「芸術の秋」は、1918年に出版された雑誌「新潮」に掲載された「美術の秋」という言葉に由来すると考えられています。

秋は、夏ほど暑くなく、冬ほど寒くないため、芸術を楽しむ余裕ができる季節です。また、秋は気温が18度前後と過ごしやすい気候なので、物事に集中するのに最適な季節です。

秋には、絵画、彫刻、工芸などの芸術作品の展覧会が多く開催されます。二科展、日展、院展など、日本を代表する展覧会も秋に開催されています。

特徴:

  1. 秋の自然が美しい: 秋は自然界が美しい季節で、紅葉や実りの秋とも呼ばれます。木々の葉が色づいて美しい景色が広がり、この美しさが芸術のインスピレーションとなります。
  2. 文化的な行事が多い: 秋には音楽コンサート、美術展覧会、演劇公演など、芸術に関するさまざまな行事やイベントが開催されます。芸術家やクリエイターたちは、秋に作品を発表する機会が多いです。
  3. 学校の文化祭: 学校では秋に文化祭が行われることが多く、生徒たちは自分たちの芸術的な才能を発揮し、作品を披露する機会があります。絵画、音楽、ダンスなどが学校の文化祭で楽しまれます。
  4. 涼しい季節: 秋は気温が涼しく過ごしやすいため、アウトドアでのアートやパフォーマンスもしやすくなります。公園で絵を描いたり、ストリートパフォーマンスを楽しむことができます。

メリット:

  1. 芸術鑑賞の楽しみ: 秋は美しい自然景色や文化的な行事が多い季節で、それが芸術のインスピレーションとなります。美術展覧会、音楽コンサート、演劇公演などを楽しむことができます。
  2. クリエイティビティの刺激: 芸術の季節には、自分自身も芸術的なアクティビティに取り組む機会が増えます。絵を描いたり、楽器を演奏したり、自分のクリエイティビティを発揮する場が広がります。
  3. 文化体験: 芸術や文化に触れることは、新しい文化や価値観を理解し、異なる視点から世界を見る機会となります。文化的なイベントや展示物を通じて、知識を深めることができます。
  4. 感情の表現: 芸術は感情を表現する手段でもあります。芸術を楽しむことや自分自身で芸術を創ることで、感情を共有し、ストレスを解消することができます。

デメリット:

  1. 費用: 芸術の鑑賞やクリエイティビティを追求するためには、時折費用がかかることがあります。チケット代やアート用具の購入に予算を割く必要があるかもしれません。
  2. 時間の制約: 芸術のイベントやアクティビティには時間が必要です。忙しいスケジュールを調整する必要がある場合もあります。
  3. 主観性: 芸術は主観的なものであり、一つの作品やパフォーマンスに対する評価は人によって異なります。自分自身の好みや感じ方に合ったものを見つけることが重要です。

「芸術の秋」は芸術や文化を楽しむ素晴らしい季節であり、クリエイティビティや感情表現の場としても活用できます。ただし、費用や時間の制約、主観性に注意を払いながら、芸術の魅力を堪能しましょう。

スポーツの秋なぜ?(由来や意味)

「スポーツの秋」の由来は、1964年に開催された東京オリンピックです。このオリンピックの開会式は10月10日で、この日を体育の日として制定しました。この頃から、国民にスポーツを楽しもうと呼びかけ、運動会も秋に行われることが多くなりました。

また、秋は気候や天気が良い日が多いため、体を動かすのに最適な季節でもあります。

東京オリンピックの開催と体育の日の制定以降、9、10月にスポーツイベントが催されるようになり、少しずつ秋が「スポーツの季節」として認識されていったと考えられています。

特徴:

  1. 気温が過ごしやすい: 夏の暑さがおさまり、秋になると涼しく過ごしやすい日が多いです。だからこそ、屋外でスポーツを楽しむのが気持ち良く、スポーツの秋と呼ばれています。
  2. スポーツのイベントが多い: 秋にはさまざまなスポーツイベントや大会が行われます。野球の甲子園大会、サッカーの試合、陸上競技大会など、多くのスポーツが秋に盛り上がります。
  3. 体力を使うスポーツが活発: 秋は運動をするには最適な季節で、体力を使うスポーツが多く行われます。サッカーやラグビー、野球など、秋の季節に合ったスポーツが人気です。
  4. 学校の体育祭: 小学校や中学校、高校では秋に体育祭が行われます。生徒たちはクラスごとに競技を楽しんだり、親や友達と協力して競技に参加したりします。

多くのスポーツファンやアスリートたちにとって、楽しみな季節とされています。秋には新しいスポーツの体験や観戦を楽しむ機会がたくさんあります。

メリット:

  1. 健康の促進: 秋は運動を楽しむには過ごしやすく、快適な季節です。スポーツをすることで体力を鍛え、健康を促進することができます。
  2. スポーツイベントの楽しみ: 秋には多くのスポーツイベントや試合が開催されます。野球のプレーオフ、アメリカンフットボールのシーズン、サッカーの試合など、観戦の楽しみが広がります。
  3. コミュニケーションの機会: スポーツは仲間と協力し、競技を楽しむ機会を提供します。チームスポーツではチームメイトとの連携が求められ、友情や連帯感を深めることができます。
  4. ストレス解消: スポーツはストレスを解消する助けとなり、リラックスやリフレッシュの時間を提供します。運動を通じて日常のプレッシャーやストレスから解放されることがあります。

デメリット:

  1. 怪我のリスク: スポーツをすると怪我のリスクがあるため、安全に注意が必要です。適切なギアを着用し、技術を向上させるためのトレーニングを受けることが大切です。
  2. 時間の制約: スポーツには時間がかかることがあり、忙しいスケジュールを調整する必要があります。特に競技をする場合、練習や試合に多くの時間を割かなければならないことがあります。
  3. 競争のプレッシャー: 競技スポーツでは競争が激しく、勝利を追求するためにプレッシャーがかかることがあります。プレッシャーをうまく扱うことが必要です。
  4. 費用: 一部のスポーツは設備や装備が必要となるため、費用がかかることがあります。予算に合わせてスポーツ活動を選びましょう。

「スポーツの秋」は健康と楽しみを提供する素晴らしい季節ですが、怪我や時間の制約、競争のプレッシャーに注意を払う必要があります。適切なケアとバランスを保ちながら、スポーツを楽しんでください。

最後に本をお得に読む方法を2つ紹介します。

Amazon Audible(本の聴き放題サービス)


1つ目は Amazon Audible です。Audible は本を朗読していくれるサービスです。通勤通学時にも聞けるのでインプットにピッタリです!

おすすめポイント!

  • 好きな本が何冊でも聴き放題
  • 最初の1ヶ月は完全無料!
    • キャンペーンにより2ヶ月無料の場合もある
    • 無料期間後は、月額1500円
    • 1ヶ月以内に解約した場合、料金は一切かかりません
  • 通勤・通学時やスキマ時間に聴ける
  • 小説からビジネス書まで12万冊以上の取り扱い
  • 必要なのはスマホだけ
  • 読書が苦手でもラジオ感覚で聴ける

\ Audilble『30日間無料体験実施中! /

好きな本が聴き放題!Audibleの 『30日間無料』体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説


Amazon Kindle Unlimited(本の読み放題サービス)

2つ目は Amazon の Kindle Unlimited です。毎月定額で小説や漫画、ビジネス書、雑誌など200万冊以上が見放題!さらに30日の無料期間があります。

おすすめポイント!

  • 好きな本が何冊でも読み放題
  • 最初の30日間は完全無料!
    • 無料期間後は、月額980円
    • 30日以内に解約した場合、料金は一切かかりません
  • 200万冊以上の豊富なラインアップ
  • 月に1冊以上読む方であれば、すぐに元が取れる!
  • 必要なのはスマホだけ

\ 今ならKindle Unlimited無料体験期間中 /

好きな本が読み放題!Kindle Unlimited 30日間 無料体験を試す




  • この記事を書いた人

おやすみドリー

ビジネス書籍を中心に年間100冊以上の本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)の読書方法を紹介 | 世の中の素晴らしい本をたくさんの人に届ける | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説・漫画を幅広くインプット | ビジネス思考・読書方法・文章の書き方も発信中

-読書