BOOK おすすめ

【要約】沈黙のWebマーケティング Webマーケッターボーンの逆襲。本のまとめ。


次の方を対象にしています!



WEBで商品を販売する場合、「何をすればいいのか?」その答えが書かれた一冊です。ストーリー形式で楽しめます。


内容としては、次のことが網羅的に書かれいます。

  • Google検索の順位を上げる(SEO対策)
  • サイトのデザインを磨く
  • 自サイトの分析(アクセス状況など)
  • 伝わる文章を書く(WEBライティング)
  • 競合他社の分析
  • ソーシャルメディア運用方法(Twitter)
  • サーバーの見直し



重要となるTipsを紹介します。

参考:沈黙のWebマーケティング Webマーケッターボーンの逆襲



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


沈黙のWebマーケティング要約:夜明けのSEOペナルティ解除

SEOとは?

SEO(Search Engine Optimazation)は検索エンジン最適化といい、検索結果でサイトを上位表示させるための施策です。


あなたが「ダイエット」のサイトを運営しているとします。


Googleで「ダイエット」と検索し、上位表示されるとあなたのサイトに訪れる人が増えます。


Googleはクローラーというシステムで、世の中にあるサイトを巡回しています。Googleがあなたのサイトを発見して、検索に表示されるようにインデックス(索引)に追加されます。


これにより検索結果に表示されるようになります。検索結果の順番はGoogleのアルゴリズムで非公開になっています。


Googleガイドライン

自サイトのコンテンツの質が悪かったり、悪質なサイトの場合、ペナルティを受けることがあります


ペナルティを受けると検索順位が下がったります。たとえば「ダイエット」で調べたときに自サイトが3位(3番目)に表示されていたのにペナルティを受けて50位になってしまう、なんてことが起きます。


ペナルティを受けないためにGoogleのガイドラインがあります。サイト運営者であれば一度は見た方が良いでしょう。


https://developers.google.com/search/docs/advanced/guidelines/webmaster-guidelines?hl=ja


ネガティブSEOという言葉もあり、競合他社が自分以外の検索順位を下げようとして、不自然なリンクを他社のサイトに張るという悪質なことが行われることもあります。


自分のサイトに何かあればGoogleから警告メールが来ますので、メールは確認しましょう。


ペナルティの例

  • サイトへの不自然なリンク
    • リンク数が多いと検索エンジンで評価されるため、自作自演でリンクを張ったり、誰かからリンクを買ったりして自サイトへのリンク数を多く見せようとする。など
  • サイトからの不自然なリンク
    • 悪質なサイトへのリンク。など
  • 価値の無い質の低いコンテンツ
    • 検索した読者の為にならない記事は低評価の対象となる
  • 隠しテキスト、キーワードの乱用
    • 上位表示させようと、過度にキーワードを使う。例えば1ページで「ダイエット」という言葉を不必要に1000回使う。など


ペイドリンク

金銭などの対価と引き換えに設置されるリンクのこと。有料リンクとも言われます。


たくさんのサイトからリンクされると人気サイトと認識され検索エンジンから評価されます。しかし、あきらかに不自然なリンクを張ったり、自作自演で自分が別サイトを大量に立ち上げ、そこから自分のサイトへリンクするなど悪質なリンクをするとペナルティが課され検索順位が下がる場合があります。


これはブラックハットSEOとも呼ばれ、検索エンジンをだます良くない行為です。


サーチコンソール(ウェブマスターツール)

Googleサーチコンソールでサイトの状況を確認できます。


https://search.google.com/search-console


2015年までは、ウェブマスターツールと呼ばれていましたが、現在はサーチコンソール、または、サチコと呼ばれています。


「どこからサイトにリンクされているか」「どのようなワードでサイトが検索されているか」など自サイトを分析できます。


もし、怪しいところからリンクされている場合、「リンク否認リスト」の送信をして、「リンク先と自サイトは無関係である」と報告できます。


悪質なサイトからリンクされた場合、意図せずペナルティを受けることがあるため確認してみましょう。


またサーチコンソールに登録しておくことで、サイトが何かに違反したときにメール等で警告してくれます。


次のことは確認しましょう。

  • サイトへのメッセージ:ペナルティがあればメッセージが届きます
  • HTMLの改善:サイトに情報が不足していれば教えてくれます
  • サイトリンク:サイトの検索結果の下に表示されるリンクです
  • 検索クエリ:どんなワードで検索されているか、を表示します
  • サイトへのリンク:外部(他サイト)から張られているリンクを表示します
  • 内部リンク:自分のサイト内のリンクを表示します
  • 手動による対策:ペナルティがあれば対応内容が書かれます
  • モバイルユーザビリティ:モバイル(スマホ等)からの使い勝手が悪ければ教えてくれます
  • インデックスステータス:Googleに登録されているページ数を確認できます
  • コンテンツキーワード:サイトの重要なキーワードを表示しています
  • URLの削除:特定のページを検索結果に表示しないようにできます
  • クロールエラー:クロールしたときにエラーがあったかを教えてくれます
  • サイトマップ:サイト内のページをサーチコンソールに教えることができます
  • セキュリティの問題:ウイルスなどが仕込まれていないか教えてくれます



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


沈黙のWebマーケティング要約:偽りと本質のWEBデザイン。まとめ。

サイトは「クール」、「かわいい」ではなく「お客さんの知りたい情報」を出すのが重要です。


クールなデザインにこだわりすぎて「かっこいいサイトだけど商品を買う気にならない」という事が起きます。


そのサイトの目的はなんでしょうか?


たとえば、家具販売サイトであれば、お客さんが欲しい商品の情報を提供します。


自分目線で見た目ばかりにこだわった場合、お客様が求めていないサイトになってしまう可能性があります。


コンテンツファーストを意識します。「誰が」「どんな環境」で閲覧するのかを考えます。


「高校生が放課後に見るサイト」、「40代が朝の通勤電車が見るサイト」ではデザインが違ってきますよね。


また最近ではスマートフォンでサイトを見ることが多いため、スマートフォンファースト(モバイルファースト)の考え方も大事です。


スマホは画面が小さいので、画面に合わせたサイトデザインにします。


また、文・写真・図(イラスト)を使い分けましょう。次のような特徴があります。

  • 文章(言葉):論理的に理解しやすい
  • 写真:直感的・視覚的に理解しやすい
  • 図、イラスト:論理的かつ直感的・視覚的に理解しやすい


神は細部に宿るといいます。


文字の大きさ、色、行間など細かいところまで気にしましょう。


写真もサイズが適切か、コントラストは適切か、構図は理解しやすいか、を確認します。


サイトは何度も改善して良くしていきましょう。


大事なこと

  • そもそも論で考える:そもそもこの画像は必要か?そもそもコンテンツは読みやすいか?売上UPに貢献しているか?など考えます
  • WEBデザイナーはデータに詳しくなろう:アクセス解析、他社(他者)の成功事例などを積極的に確認して良い部分を取り入れます


Wayback Machine

https://archive.org/web/


インターネット・アーカイブが保存されているサイトがあります。サイトがアーカイブに残っていれば過去状態が見れます。


また有名なサイトの過去を見ることで、歴史(これまでのデザインの移り変わりなど)が学べて楽しいですよ。


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


沈黙のWebマーケティング要約:WEBライティングは二度輝く。まとめ。

WEBサイトでモノを売るためにはセールスレターを使います。


セールスレターは「商品を売るための手紙」です。画面の向こうの1人のお客様に向かって手紙を書く感じでメッセージを送る手法です。


手紙のように書くことで「商品の説明」ではなく、「商品を届ける」のです。人を動かすのは感情です。


セールスレターのノウハウ

  • お客様は「皆さん」ではなく「あなた」で書く
  • 「ストーリー」を使って、お客様の感情を動かす
  • 写真や動画でストーリーに足りないリアル感をプラスする
  • 弱みや失敗談などネガティブ情報を入れて、リアル感と信頼感をプラスする
  • お客様の声や販売実績、受賞実績などの情報を足し、客観的な信頼をプラスする
  • お金の節約より時間の節約に訴求するなど、新たな軸で気づきを与える
  • ページ移動などでお客様のテンションを冷まさないよう、できるだけ1ページにまとめる


セールスレターの構成パターン

  • ヘッドコピー
    • 「つかみ」の部分なので、先を読みたくなるような文章、画像をのせます
  • ボディコピー
    • 本文です。お客様をワクワクさせたり、不安を取り除くような情報を用意します
  • クロージングコピー
    • 商品の購入や申込みへ誘導するエリアです。購入ページへのリンクを張ったりします
    • 最後に追伸を入れると効果的です。結論だけ見ようとして最後までスクロールする人がいるからです


文章で気をつけること

  • 色分けのルールを創る
  • 強調箇所だけ読めば、大体の内容が分かるようにする
  • 強調箇所を増やしすぎない
  • 1ブロック100文字未満にする(1文が長過ぎると読みにくい)



沈黙のWebマーケティング要約:SWOT分析。まとめ。

自サイトの強みと弱みを知り、マーケティングに活かすために「SWOT分析」があります。


SWOT分析は、「強み Strengths」「弱み Weaknesses」「機会 Opportunities」「脅威 Threats」を分析し、自社の強みと弱みを把握する方法です。


たとえば、次のような図を用いて分析します。地元の定食屋の例です。


>> SWOT分析解説


競合他社がいて、競合が新しい手を打ってきた場合の戦略を考えます。自サイトがマイナスに見えてしまう部分をプラスに変えてみます。


競合の対応

  • 競合が新しいサイトをリリースした:自サイトを充実させる(既存ファンを大事にする)
  • 競合が新しい商品、サービスをリリースした:自社の既存商品、既存サービスを充実する
  • 競合のSNSにファンが増えだした:競合の人気にのっかり自社でもSNSをやる
  • 競合がリスティング広告をはじめた:競合の広告文と比較しやすい表現を使う
  • 競合が業績ナンバーワンという表現を使った:隠れたナンバーワンという表現を使ってみる
  • 競合がメディア取材を受けたことをPRしている:メディアに登場しない隠れた名店という表現を使ってみる
  • 競合が支店を増やしている:弊社があえて支店を増やさない理由を掲載する
  • 競合が面白いユニークなコンテンツを提供しはじめた:マジメなスタッフが多いので、ユニークなコンテンツは提供できず申し訳ありません。と掲載してみる
  • 競合にトラフィックを奪われている:WEBから撤退し、リアルに向けてみる(WEB以外のリアルな営業など)
  • 競合がリアル店舗を閉鎖した:あえてリアル店舗を出すことを検討する


また、目的がブレないようにKGI(重要目標達成指標)とKPI(重要業績評価指標)を設定しましょう。

  • KGI:1年でサイトから売上を2倍にする、など
  • KPI:サイトへの訪問者を毎月110%UPさせる、問い合わせ件数を半年で2倍にする、など



KPIをクリアすることで、KGIに近づきます。


Google アナリティクス

自社のトラフィック(アクセス)を確認するうえでGoogleアナリティクスを使います


GAとも呼ばれサイト分析に欠かせないものです。


https://analytics.google.com/analytics/




\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


沈黙のWebマーケティング要約:コンテンツSEO。まとめ。

SEOは内部SEO外部SEOに分かれます。

  • 内部SEO:検索エンジンにサイトを表示してらうために、コンテンツを充実させたり、サイト内部の構造を調整する
  • 外部SEO:外部からのリンクを増やすことによって人気サイトであると検索エンジンに伝える



どちらも重要です。特に外部SEOで次のことも意識します。

  • 質の高いサイトやソーシャルメディアから自然にリンクを張ってもらう
  • できるだけ関連系の高いジャンルのサイトからリンクを張ってもらう
  • ユーザがクリックしたくなる、リンクの張り方をしてもらう
  • 各ページに集まったリンク効果を集約させるため、ドメインは1つに統一する
    • ドメインとは「https://www.yahoo.co.jp/」なら「www.yahoo.co.jp」の部分のこと
    • ドメインの価値でサイトが評価される。評価が高いほど上位表示を狙える
  • ペイドリンクなどの人口リンクに頼らない(評価をあげようと他社からリンクは買わない)


サブドメイン型、ディレクトリ型

サイトはサブドメイン型ディレクトリ型に分かれます。


ドメインとは「https://www.yahoo.co.jp/」なら「www.yahoo.co.jp」の部分です。


サブドメインとは、「www.yahoo.co.jp」の他に「news.yahoo.co.jp」のようにドメインの最初に「news」のような好き文字を追加し、サブドメインを作りれます。


たとえば、yahoo内で別のコンテンツ(別ジャンル)を管理・運営できます。


ディレクトリは「www.yahoo.co.jp」の後ろにスラッシュでディレクトリを区切れます。「www.yahoo.co.jp/news」のようにします。


こちらでもサブドメインと同じようにコンテンツを分類できます。


SEOの観点からはディレクトリが良いとされている一方、全く違うジャンルを扱うのであればサブドメインも検討します。


どちからの方式でサイト運用することになります。


セイリング、コンテンツ

セールスのための「セイリング」と、リンクを集めるための「コンテンツ」があります。


「商品を販売」と「リンクを集め」を別で考えます。


たとえば「ダイエット商品」を販売するページをセイリングとします。それとは別に「3日で痩せた方法を教えます」「食事制限しないで痩せた方法」などをコンテンツを用意し、こちらでリンクを集めます。リンクが集まると、同じドメインのセイリングページの評価も上がります。

ソーシャルメディアの口コミ確認

ソーシャルメディア(SNS)の口コミも確認しておきましょう。

  • Chromeの拡張機能「Social Analytics」で今見ているページのツイートやいいね数などを確認できる
  • Yahoo!リアルタイム検索で自分の記事タイトルやURLで検索してみる
  • はてなブックマークでサイトのURLを打ち込んで確認する


自他サイトの分析にも使えます。

マズローの要求5段階説

ソーシャルメディア(SNS)をやる上で、要求を理解しておきましょう。


なぜならソーシャルメディアをやっているひとは承認欲求(自分の存在を知ってもらいたい。価値ある存在として認められたい)と思っている人が少なくないからです。


ソーシャルメディアの運用は後述します。


  • 生理的欲求:生命を維持するための食事や睡眠などの欲求
  • 安全の欲求:安全に生きていくための健康や経済状況などの欲求
  • 所属と愛の欲求:自分が社会や特定のコミュニティーの一員であると感じたい欲求
  • 承認欲求(自己顕示欲):自分の存在を知ってもらいたい。価値ある存在として認められたい。という欲求
  • 自己実現の欲求:自分が本当に表現したいものを求める欲求




沈黙のWebマーケティング要約:コンテンツマーケティング攻防戦。まとめ。

リンクを自然に集めるにはコンテンツ力が不可欠です。


魅力的なコンテンツページと、Twitterの運用をします。


人間には6つの環状があります。これらの感情が共感となりコンテンツがシェア・拡散されます。


感情:喜ぶ、悲しむ、起こる、恐怖・不安に思う・嫌悪する・驚く


特別な理由が無い限りは、恐怖や嫌悪ではない「痛みを伴わないコンテンツ」を意識しましょう。


誰かを不幸にするコンテンツを作っても、自分のブランディングに傷がつくだけです。


「なるほどそうだったのか」「勉強になった」となるようなコンテンツが良いでしょう。


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


沈黙のWebマーケティング要約:真実のソーシャルメディア運用。まとめ。

ソーシャルメディアをやる上で人柄は大事です。


人に好かれる6原則

  • 誠実な関心を寄せる
  • 笑顔で接する
  • 名前は、当人とって、もっとも心地よい、もっとも大切な響きを持つ言葉であることを忘れない
  • 聞き手に回る
  • 相手の関心を見抜いて話題にする
  • 重要感を与える。誠意を込めて


まずは、Twitterを運用してみましょう。


Twitterアカウント運用

  • Twitterアカウントはコンテンツに紐づくもんと考える
    • コンテンツをツイートして拡散されることで自然がリンクが集まり、ドメイン全体の信頼も上がる
  • フォロワーの獲得
    • 拡散してもらうためにはフォロワーが必要。フォロワーがいなければツイートに誰も気づかない
  • 2つの成功モデル
    • ほかのTwitterユーザのコンテンツの露出・拡散を手伝う
      • 聞き役に徹することで、あなたの存在を知ってもらえる。知ってもらえればフォローされる可能性が高まる
    • ほかのTwitterユーザの役に立つ良質な情報をツイートする
  • フォローする相手を選ぶポイント
    • 最近つぶやいているユーザ
    • 自分のコンテンツばかりではなく、他社のコンテンツもシェアしている
    • ほかのユーザと絡んでいるユーザ
    • 比較的よくつぶやいているユーザ
    • ポジティブな発言が多いユーザ
  • フォローする相手
    • 自分に近いコンテンツをシェアしているユーザ
    • フォローしたユーザがフォローしているユーザ
    • おすすめのユーザをチェック
    • あなたのコンテンツに「いいね」など興味を持ってくれた人をチェック
  • コミュニケーション
    • リプライ(ツイートの返信)
    • リツイート
    • DM(ダイレクトメッセージ)
    • お気に入り
    • リストへの追加
    • ハッシュタグ



沈黙のWebマーケティング要約:G戦場のレンタルサーバ。まとめ。

最後に気をつけたいサーバー運用です。サーバーの制約によって十分に露出できないときがあります。


とくに弱いサーバーだとアクセスが集中したときに503エラーが発生することがあります。


503エラーとは、アクセスが集中し、応答できない数に達したため一部のアクセスを遮断したことで起きます。


このエラーが出るようになったら次のことを検討します。

  • スペックの高い共用サーバーを検討する
    • スペックが高ければより多くのアクセスに耐えられるようになります
  • 共用サーバーではなく専用サーバーを検討する
    • 共有サーバーは他人と共有して使うので、自サイトではなくても、共有している他人のサイトにアクセスが集中すると影響を受けます
    • 専用サーバーにすれば他人の影響を受けずに自サイトを運営できます
  • キャッシュを用いてサーバーの負荷軽減を行う
    • サイトを呼び出すには時間がかかります。キャッシュを用いて一度アクセスした情報(コンテンツ)を保存しておくことで、2回目以降のアクセスを早くする方法があります。
    • たとえば、WordPressには「WP Super Cache」というプラグインがあります。


沈黙のWebマーケティング要約まとめ。

SEO対策、デザイン、分析、ソーシャルメディアなど網羅的に学びました。


時間はかかりますが一つずつ実践することで、あなたのサイトも良くなっていきます。


大事なこと

  • Google検索の順位を上げる(SEO対策)
  • サイトのデザインを磨く
  • 自サイトの分析(アクセス状況など)
  • 伝わる文章を書く(WEBライティング)
  • 競合他社の分析
  • ソーシャルメディア運用方法(Twitter)
  • サーバーの見直し



参考:沈黙のWebマーケティング Webマーケッターボーンの逆襲



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-BOOK, おすすめ