BOOK おすすめ

【要約】リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール(松本淳)。本のまとめ。


次の方を対象にしています!



正しく成長するために、自分なりの「想像力」を磨くことが大切です。


仕事において想像することは次の4つ

  • 今ここで、自分が出すべき価値は?
  • 相手が本当に欲している結果は?
  • この課題の本質はどこにあるか?
  • 5年後、10年後の世界の姿はどうなっているか?


まだ想像できなくても大丈夫です。どのようなことに気をつけて、どのような考えて仕事をすればいいのか一緒に考えていきましょう。


そのための「仕事力」「メンタル」「人間関係」「想像力」に関するノウハウを紹介します。


参考:リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


目次

目次(リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール要約まとめ)

50のルールは目次にすべて書いてあります。目次を見るだけでも概要がわかります。

  • rule01 コロナ後の世界で必須の「3つの能力」
  • rule02 情報は「消費」のみならず、「生産」こそ大切
  • rule03 「知っている」と「やってみた」との違いは無限大
  • rule04 仕事のスピードを上げたいのなら、結局は「基礎力」が必要
  • rule05 ルーティンをバカにする人は成長しない
  • rule06 「あたり前のこと」をやり切ることはすごい
  • rule07 努力をするなら「正しく努力」することが大事
  • rule08 課題の「浅い」解決に終始せず、本質を見よう
  • rule09 課題と向き合うには「分割」、そして「集中」が重要
  • rule10 「やるか/やらないか」で迷わない
  • rule11 決断はゴールではなく、あくまでスタート地点
  • rule12 「忍耐力」が、仕事のクオリティとスピードを上げる
  • rule13 ズルをしないことが、結局はいちばんの得になる
  • rule14 環境が自分を作る。だから、環境選びには妥協しない
  • rule15 自分の精神を、自分できちんとメンテナンスしよう
  • rule16 自分を肯定し、「あるがままの自分」を受け入れることが大切
  • rule17 ネガティブな気持ちは、自分の工夫で回復させる
  • rule18 ネガティブな気持ちを正のエネルギーに転換する
  • rule19 マイナスに考えてしまう思考を、強みにする
  • rule20 他人と比べて落ち込んでしまう思考はやめよう
  • rule21 「メンタルが弱い」と自覚しているなら「自分を守る行動」を取ろう
  • rule22 自分の性格を変えるには、まずは行動から変える
  • rule23 「不慮の事態」をプラスに考え、味方につける
  • rule24 「失敗を忘れられない」のは、長所と考えよう
  • rule25 スランプになってもできることはある
  • rule26 戦略的に休む。休むときは本気で休むことが大切
  • rule27 コミュニケーションでは「信頼」「感情」「論理」の3要素を意識する
  • rule28 弱みは克服しようとせず、ほかの人に補ってもらう
  • rule29 「他者から応援される人」になるためには
  • rule30 人に相談をする目的は、「回答を得ること」だけではない
  • rule31 人を動かすには、自分だけの「ストーリー」が大切
  • rule32 人に認められようと思って、無理に自分を作らないこと
  • rule33 「以心伝心」を信じすぎないこと。意思の疎通を大切にする
  • rule34 伝わらないのは相手のせいではなく、自分が原因だと思う
  • rule35 人を動かす言葉をきちんと考えよう
  • rule36 「話が長い人」は嫌われる。簡潔な表現を意識しよう
  • rule37 無意識のうちに「奪う人」にならないように注意する
  • rule38 1つの言動と人格は、明確に分けて考えるべき
  • rule39 違う意見を持つ人とこそ、建設的に議論しよう
  • rule40 きちんとした「大人」であるために大切なこと
  • rule41 きちんと「成長」するために大切なこと
  • rule42 「自分がなりたい姿」を明確にイメージしておく
  • rule43 目標は「高すぎ」てもダメ。適切な目標設定が成長を最大化する
  • rule44 「表面的な情熱」ではなく、「本当にやるべきこと」を見つける
  • rule45 「機会」が来るのを待っているだけではダメ。自分で作りに行く
  • rule46 自分の可能性を広げるために、意識的に種をまいていこう
  • rule47 後ろを見るのではなく、常に前を見る
  • rule48 デマに煽られることなく、自分の目を磨く努力をする
  • rule49 自分の動かせることだけにフォーカスする
  • rule50 大切なのは「過去の体験」ではなく「未来への想像力」



参考:リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


第1章:圧倒的な仕事力を育てるためのルール(リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール要約まとめ)



第1章の中からいくつかピックアップして紹介します。

コロナ後の世界で必須の「3つの能力」

  • フリーランスのような自己管理能力:自分を管理するのは自分
  • 起業家のようなモチベーション能力:自分で仕事を探す
  • 本当に伝わるライティング能力:オンラインが増えた現代、伝わる文章を書く



情報は「消費」のみならず、「生産」こそ大切

インプットは大事。しかし、ツイッターなどで月◯冊本を読みました!という人は、その知識を活かせているのだろうか?インプットする前にアウトプットを心がけてみましょう。


 書籍「アウトプット大全」でもアウトプット7割、インプット3割と書かれています。


「知っている」と「やってみた」との違いは無限大

やり方を知っているのと実際にやるのでは大きく違います。レシピを知っていても、素人がおいしい料理を作れるとは限らないのと一緒です。


レシピは重要なことだけがキレイにまとまったものです。レシピには書かれていないところに苦労など重要な知見があります。そのことを意識しましょう。


仕事のスピードを上げたいのなら、結局は「基礎力」が必要

仕事の早さは小手先のテクニックではなく、その人の基礎能力で決まります。


すぐに手に入れられるものではありません。早ければいいものではなく、短時間で正確ではなくてはなりません。


早くても雑な仕事をするとダメな烙印を押されてしまいます。知識を増やし、決断力を身に着けましょう。


「あたり前のこと」をやり切ることはすごい

成功している人は「天才」ではなく、当たり前なことを当たり前にやってきた人たちです。


才能ではなく、やり抜くことが最も重要です。書籍「GRIT やり抜く力」もおすすめです。の本でも、やり抜く力が大事だと言っています。

努力をするなら「正しく努力」することが大事

何も考えず繰り返す努力では成果がでにくいです。


自分で考え、正しい努力を積み重ねることが必要です。


これに気づかず成果のでない努力を続けてしまう人がいます。同じ時間、努力に使うならより成果のでる方法を考えましょう。

課題と向き合うには「分割」、そして「集中」が重要

大きな課題はどこから手をつければいいか分からなくなります。そのため、扱える大きさまで分割していきます。


分割した問題の中から重要な問題を優先順位をつけて対処しましょう。


環境が自分を作る。だから、環境選びには妥協しない

人は、まわりにいる人たちに影響されます。年収300万円の人の近くには年収300万円の人が集まり、年収1000万の人の近くには年収1000万の人が集まります。


自分の年収が300万でも周りにいる人が1000万なら、それに影響されて自分の年収も上がっていきます。


環境の力は強いため、自分を置く環境はキチンと選んだ方がいいです。


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


第2章:困難にめげないメンタルの育てるためのルール(リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール要約まとめ)



第2章の中からいくつかピックアップして紹介します。


自分を肯定し、「あるがままの自分」を受け入れることが大切

大きなプレッシャーなどがあると自分も否定したくなります。しかし、否定せずに肯定することが自信を持つことにつながります。


そのために

  • 自分の状態を客観的に観察する
    • ネガティブな気持ちを持っている。や、プレッシャーを感じている。など、素直な気持ちを受け入れる
  • ほかの人も同じように苦しむことを理解する
    • 自分だけが苦しいのではなく、ほかの人も一緒。と考えることで、共感する気持ちがでる
  • 自分にもっと優しくする
    • 自分に優しくできる人は、他人にも優しくできる


ネガティブな気持ちは、自分の工夫で回復させる

ポジティブでありたいという気持ちを持ちましょう。


ネガティブに引っ張られれないために

  • ネガティブなものから離れる
    • SNSやテレビニュースなどネガティブなものが多い世の中。そこから離れてみましょう
  • 自分が発する言葉に注意する
    • ネガティブなことを言わないか発言する前に考える
  • 前向きな気持ちを意識する



マイナスに考えてしまう思考を、強みにする

マイナス思考は、リスクヘッジの力を強めたり、人の気持ちに共感できるというメリットがあります。心配だから仕事で失敗したときのバックアッププランを考えるなど。


マイナス思考は仕事に役立ちます。


他人と比べて落ち込んでしまう思考はやめよう

他人と比べてしまうと、ストレスになる。比較するたびに気持ちも落ち込んでしまいます。そのとき一体何が気になるのかを把握することで対応できます。


何かわからない漠然とした不安が何なのか言葉にしてみましょう。


また、他人が羨ましくも見えるが、SNSの場合はみんな盛って話していることもあります。そして、裏では苦労していることも。


人の成功を参考にして自分の成長へつなげてみましょう。

「メンタルが弱い」と自覚しているなら「自分を守る行動」を取ろう

メンタルが弱いと思っているなら

  • いつでも逃げ道を確保しておく。ヤバければすぐに離れる
    • 逃げ道を作っておかないと、強いストレス受けて逃げたくなったときに行く場所がないと思ってしまう
  • 人の期待に無理に応えようとしない
    • 精神が弱るほど、人の目や、人の評価が気になってしまう。人の期待に答えるよりも、自分の健康を守る方がはるかに大事


スランプになってもできることはある

誰でも一度はスランプになるものです。そう考えて、スランプになったら意識を変えてみましょう。


大きな目標はいったん脇に置いて、目の前の地道なことをこなします。そのコツコツとした努力がやがて大きな力になります。


戦略的に休む。休むときは本気で休むことが大切

休息をスケジュールに組み込み、もし想定以上に疲れていたら、いつでも休むことが大切です。


休むことは「悪」ではありません。しっかりやすんで仕事のパフォーマンスを維持するのも大人のして必要なことです。



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


第3章:良質な人間関係を育てるためのルール(リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール要約まとめ)



第3章の中からいくつかピックアップして紹介します。


弱みは克服しようとせず、ほかの人に補ってもらう

弱みよりも強みを伸ばしましょう。弱い部分は他の人に補ってもらえば大丈夫です。


チームなら、チーム全員が弱みを克服しても平均点のチームになるだけです。


それより各自の強みを活かしつつ、各自の弱みは他の人で補えばより強いチームになります。


また、人に弱みを補ってもらうために「自分はどう振る舞えばいいか」「何をすればいいか」をしっかりと考えましょう。


「他者から応援される人」になるためには

人生の成功の鍵は自分が優秀かよりも、人から応援してもらえる存在か、です。


ひとりで出来ることはたかが知れています。助けを借りることで大きな成果がでるのです。


応援される人になるには

  • 自分のミスを素直に認める
  • 他人の気持ちを思いやる
  • 自分なりにいつも前向きであろうとする


人に相談をする目的は、「回答を得ること」だけではない

人に相談するときは、「答え」を得ようとするだけでなく、その過程で自分の思考を整理することに価値があります。


自分の悩みを言語化し、自分でもより深く考えるように努力しましょう。


人を動かすには、自分だけの「ストーリー」が大切

これからの時代は「共感」が大事になります。共感すると自分から動こうとします。


そのために大事なのがストーリーです。


SNS時代のストーリーは、聞き手と一緒に作り上げるものです。相手もストーリーに参加したいという気持ちを起こさせます。

  • 本当に相手に響くもの
  • 謙虚で人間味のあるもの
  • 聞くと応援したくなるもの



「以心伝心」を信じすぎないこと。意思の疎通を大切にする

日本は空気を読む文化のため言葉を省略する傾向にあります。しかし、それでは伝わらないことがあります。


意思疎通の頻度を上げて、性格に伝わるないようを意識することが大切です。


また、人に話しが伝わらないと感じた時は、相手が悪いのではなく、自分のコミュニケーションのあり方を見直してみましょう。


相手がどこまで知っているのかレベル感や前提知識を確認することも大切です。

「話が長い人」は嫌われる。簡潔な表現を意識しよう

話は簡潔に伝えましょう。話を長くなるのを避けるには

  • 話の組み立てを考える:話の構成を考えつつ、内容の優先順位も意識して話しましょう。また相手に何を伝えたいのかイメージすることも大切。
  • 常に時間的な感覚を持つ:長く話しすぎないように時間を意識しましょう。話が長くて相手が不満に思うことはあっても、話が短くて相手が不満になることは、ほとんどありません。
  • 相手が主役の意識を持つ:話をすることは、相手の時間をもらっている意識を持ちましょう


無意識のうちに「奪う人」にならないように注意する

「ギブアンドテイク」で、「テイク」に注意しましょう。自分では気づかないうちに相手から何かを奪っていることがあります。


人のアイデアの無断利用や、時間や信頼を奪うことも無意識のテイクです。


これを重ねると人から信頼されなくなります。


違う意見を持つ人とこそ、建設的に議論しよう

意見が違う人と議論するときは

  • 相手の立場の理解に務める
  • 極端ではなく、バランスの良い主張を考える
  • 譲歩すべきところは譲歩する
  • 差異ではなく、同意できる部分に着目する



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


第4章:未来の想像力を育てるための14のルール(リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール要約まとめ)



第4章の中からいくつかピックアップして紹介します。

きちんとした「大人」であるために大切なこと

きちんとした大人は

  • 他責ではなく、常に自責で考えようとする
    • 人を批判したり、人のせいにはしない。自分から積極的に責任をとる姿勢
  • 守りに入らず挑戦を続ける
  • 謙虚でフラットな姿勢を持ち続ける



きちんと「成長」するために大切なこと

成長するために

  • 本当にやりたいことを追い続ける
    • やりたいことがあっても続かない人が多い。成長できるのはやり続ける人
  • 人から謙虚に学ぶ
    • いろんな人から学びたいという姿勢の人は成長できる
  • 覚えたことをすぐに実践する
    • インプットは情報の消費、アウトプットは生産
  • 学んだことを、人に惜しみなく共有する
    • 教えることで自分の中でも情報が整理され成長する


目標は「高すぎ」てもダメ。適切な目標設定が成長を最大化する

目標は高すぎても良くない。できるか、できないかギリギリの目標を定め、クリアします。次にもう少し難しい目標にチャレンジする。これを繰り返して成長しましょう。


自分の動かせることだけにフォーカスする

自分に動かすことのできない事象、そして他者の行動に対していくら思い煩っても、何も変わりません。


時間をムダにせず、自分に動かせることに集中することが成功につながります。


大切なのは「過去の体験」ではなく「未来への想像力」

大切なのは未来です。過去が未来を決めるのではなく、未来が過去を決めます。


人間には「想像力」があります。たとえ経験していなくても想像力を最大限の武器として、自分の未来を自由に作っていきましょう。


参考:リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説




  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-BOOK, おすすめ