BOOK おすすめ

【要約】短いは正義 「60字1メッセージ」で結果が出る文章術|本のまとめ。

次の方を対象にしています!



学生から社会人まで何かと文章を書く機会が多い私たちです。


読書感想文、レポート、プレゼン資料、提案資料、メール、SNS、誰もが毎日のように文字を使っています。


そのなかでも「伝わる文」「伝わらない文」があります。その差は何なのでしょうか。


短いは正義 「60字1メッセージ」で結果が出る文章術 を参考に伝わる文を紹介します。


参考:短いは正義 「60字1メッセージ」で結果が出る文章術


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


短いは正義 「60字1メッセージ」で結果が出る文章術 要約|短く - 60字1メッセージで、たるんだ分を引き締める。まとめ。

1文60文字以内

短く文を書くとは、ワンセンテンスを短くすることです。1文60文字以内が鉄則。


句読点で長々と続けた文章はわかりにくいです。句読点を入れて1文60文字以内を目指しましょう。


タイトルや見出しは、さらに短く20文字以内にします。

ワンセンテンス・ワンメッセージ

文章の基本は1文1意です。1文の中にいくつも意味が含まれていると複雑になり、理解が難しい文章になります。


すべて1文で伝える必要はありません。短く区切って1文は1つの意味だけにしましょう。

  • 文章の長い部分を分割する
    • 1文を複数に分割する
    • ときに体言止めでリズムをつくる
  • いらない情報を見極める
    • 文章を短く区切っても、文章全体の内容が詰め込みすぎだと読みにくい
    • 情報を書き出して取捨選択する
  • タイトル・見出しは「広げる、選ぶ、磨く」
    • タイトル・見出しもワンセンテンス・ワンメッセージ
    • 見出しで説明はしない。見出しは要約ではない
    • 広げる:伝えたいことをすべて書き出しカテゴリに分ける、選ぶ:ペルソナを意識して必要な情報を選択する、磨く:読み手に響くように文章を熟考する



文の贅肉を排除する

ていねいな言葉クセがあると文章が大きくなります。

  • 「いただく」「させていただく」は書かない
    • 提案させていただく → 提案します
  • 「してあげる」「してくれる」は書かない
    • 選んであげてください → 選んでください
  • 「していただいてよろしいでしょうか」は書かない
    • 回答していただいてよろしいでしょうか → 回答お願いします
  • 「のほう」は書かない
    • 資料のほう贈りました → 資料を送りました
  • 「という」は書かない
    • 変わったということを知りました → 変わったことを知りました
  • 「こと」を書かない
    • 変わったことを知りませんでした → 変更を知りませんでした
  • 接続詞を省略する
    • 接続詞がなくても通じる場合が多い
    • 〜しました。ですので、お気になさらず → 〜しました。お気になさらず
    • 「しかし」「ところが」の逆接は接続詞を使う



推敲する

推敲(すいこう)とは、書いた文章を見直す作業です。


1日置いて客観的に自分の文章を見みます。そして推敲します。


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


短いは正義 「60字1メッセージ」で結果が出る文章術 要約|わかりやすく - 数字のちからで、脱あやふや長文。まとめ。

数字を入れると10倍伝わる

伝わる文章には数字が入っています。


「明日雨が降る可能性があります」よりも「明日80%の確率で雨が降ります」の方が伝わります。数字を入れると具体化され、説得力が増すのです。


電車の中吊り広告にも数字がたくさん入っています。「600万人の転職希望者が登録」「98%が満足と回答」。


また比較を入れると強調されます。「転職希望者900万人のうち、600万人が登録」。

数字を入れたフレーズで印象に残す

「トマトが体に良い3つの理由」「受験前に知りたい3つの暗記法」。ポイントを絞るなら「3」が最も記憶にのこる数字です。


強みを数字に置き換える

「ポケットに1000曲」(iPod)、世界で一番薄い(MacBook Air)。製品の強みを数字で表したキャッチコピーです。

あいまいをなくす

あいまいな言葉は伝わりません。「少し大きな会議室を予約して」よりも「30人入る会議室を予約して」の方が的確です。


あいまいに答えた結果、意図しない結果を招く恐れもあります。


「なるべく」「できるだけ」「だいたい」などあいまいな言葉は使わず、「2日以内」「20%以上」「2倍」「2月2日」など数字を使うようにしましょう。


数字 + ひとこと

数字にひとこと足すと、意味が伝わります。


30%は多いのか、少ないのか分かりません。そこで「たった30%です」「30%にもなりました」と付け加えるだけで読み手に意図を伝えられます。


単位を変える

伝えたい内容により単位を変えてみましょう。

  • 「1ヶ月3000円」よりも「1日100円」の方が安く見える
  • 「結果は1時間半後」よりも「結果は90分後」の方が手軽な印象に見える
  • 「日本で約50%の人が見た映画」よりも「日本で約6000万人が見た映画」の方がヒットしている印象に見える



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


短いは正義 「60字1メッセージ」で結果が出る文章術 要約|強く - 字面で文を強く、印象的に。まとめ。

文章を「読む」ことは「見る」ことです。


同じ内容でも見た目を整えた方が印象が良いです。漢字がズラっと並んだ文章を見ると読む気が失せたり、ひらがなだけの文章は読みにくいと感じます。


バランスよく「ひらがな」「カタカナ」「漢字」を使い分けてみましょう。


「人」「ひと」「ヒト」どれも同じ言葉、同じ意味です。しかし見た目が違います。


「綺麗なひと」「きれいな人」「キレイなひと」。印象が違いますよね。


  • 漢字:知的で品格のある表現になる
  • ひらがな:親しく、やわらかい表現になる
  • カタカナ:軽快な表現になる


形容詞をひらがなにするテクニックがあります。「優しい潤い」よりも「やさしい潤い」の方がやわらかい感じが伝わります。



ひらがなにしたいリスト(一例)

  • あまり(余り)
  • いったい(一体)
  • たくさん(沢山)
  • たち(達)
  • たとえば(例えば)



タイトルで使えるテクニック

  • 言葉を入れ替える
    • ご褒美温泉で、週末が変わります
    • 週末が変わる、ご褒美温泉
  • てにをはを抜く
    • あしたは、なにを着る?
    • あした、なに着る?
  • 「べき」で言い切る
    • 教育することをオススメします
    • 教育すべき
  • 同じ言葉を重ねる
    • もっと前進!
    • もっと前へ、前へ!
  • アテンションワードを入れる
    • 例)実は、まさか、見逃せない、解禁、劇的、限定、今だけ
  • おのまとぺを入れる
    • 新鮮なエビ
    • ぷりぷりとした新鮮なエビ
  • 韻を踏む
    • うまい、やすい、はやい
  • 反対語で興味を惹く
    • 「こだわりの無造作」「さぼり家事」「まじめな遊び」


参考:短いは正義 「60字1メッセージ」で結果が出る文章術


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-BOOK, おすすめ