BOOK おすすめ

【要約】13歳から分かる! プロフェッショナルの条件 ドラッカー 成果を上げるレッスン。本のまとめ。


次の方を対象にしています!



成果を上げるということは、世の中に貢献することです。


誰かの役に立つことで、世の中に影響をあたえ、自分の人生も豊かになります。


そのために目指すのはプロフェッショナルです。プロフェッショナルになるのに才能は不要です。


この記事で紹介する5つのことをすればプロフェッショナルになれます


成果を上げ続けるプロフェッショナルになるための方法を紹介します。


参考:13歳から分かる! プロフェッショナルの条件 ドラッカー 成果を上げるレッスン

参考:プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



プロフェッショナルの条件 要約まとめ:ドラッカーとは?

ピーター・F・ドラッカーは、経済思想家です。「マネジメント」「経営者の条件」「現代の経営」などビジネス本の名著をいくつも残しています。


いまでも多くの人に影響を与えています。


ドラッカーの著作のなかで良く使われるキーワード。それは「成果」です。


ドラッガーは成果を次のように述べています。

成果を上げられるようになるのに特別な才能は必要ない。ある能力を身に着けさえすれば、だれでも成果を上げられるようになる。そしてそれは、だれにでも身につけることができる



成果を上げ、人生を豊かにするための方法が書籍「プロフェッショナルの条件」に詰まっています。


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



プロフェッショナルの条件 要約:成果を生み出せる人になる。まとめ。

日々変化する社会、その社会を生き抜くための資本は「ヒト・モノ・カネ」に代わり「知識」が重要な位置を占めるようになりました。


たとえば、パソコンを使ってサクッと作ったアプリが大成功し、多くの人の間で使われるようになったりします。使ったのは1台のパソコンと知識だけです。


このように「知識」が大事になってきています。そして知識は誰でも手に入れられます。


知識が大きな力を持つようになった社会を「知識社会」といいます。


これからは経験や理論など使い「いかに成果を生み出すか」考えることが求められます。


知識とは、情報・経験・理論がそろって力を発揮するものです。


知識を使って成果を上げる人は「知識労働者」といいます。ビジネスマンに限らず、知識を使って成果を上げている人は全員「知識労働者」です。


知識労働者は持っている知識が深ければ深いほど、たまそれを効果的に使うほど、大きな成果を生み出すことができます。


そして、高い精度で成果を上げ続けることができる人のことを「プロフェッショナル」というのです。


また、大きな成果を上げるには、周りと協力することが必要不可欠です。


たとえば、車を売る営業マンなら、豊富な知識があった方がお客さんから信頼されやすく、それが契約数にもつながります。


同じ営業マンでも知識により成果に差がでるのです。


また、組織は営業だけでは成り立たず、技術部や企画担当といったさまざまな人やチームと協力することで、成果が大きくなります。


では、プロフェッショナルになるには何をすればいいのでしょうか。


プロフェッショナルになるのに特別な才能は必要ありません。次の5つの能力を身につければ誰でもプロフェッショナルになれます。

  • 貢献を考える
  • 強みを活かす
  • 時間をコントロールする
  • いちばん重要なことに集中する
  • 正しく意思決定し、実行する


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



プロフェッショナルの条件 要約:貢献を考える。まとめ。

成果をあげようとすると、どうしても目先のことばかりに気が向いてしまいます。


しかし、成果を上げるなら目先ではなく、顔を上げて世の中に目を向けることが大切です。


広い視野で物事を見て、自分にできることを考えるのです。


わたしたちの仕事はどれも、組織を通じて世の中に伝わり、誰かの役に立っています。普段忘れがちですが、このつながりを考えることで、あなたがやることが見えてきます。


世の中の繋がりから考えたときに、あなたがやることは何でしょうか?


まずは、その組織が世の中にどのような役割を果たそうとしているのか、貢献しようとしているのかを理解することが大切です。


そのうえで、自分が組織に対してどう貢献できるかを考えます。


たとえば、ユニクロ(ファーストリテイリング)の企業理念は「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」です。


世界中の人に良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供しています。ユニクロの店舗のバイトだとしても、この理念を理解したら働き方が変わってくるかもしれません。


良い服を着る喜びをお客さんに提供するために自分は何ができるんだろう?と考えるかもしれません。


ポイント

<世の中>
 ↑ 組織は世の中にどんな貢献をしようとしているか考える
<組織>
 ↑ 自分は組織にどんな貢献をするべきか考える
<個人>



どんな組織に属していても共有してやってほしいことが、3つあります。

  • 貢献1:直接的な成果を出してほしい
    • 売上や利益に貢献する
  • 貢献2:組織の価値を高めてほしい
    • 組織の目的を明確にし、そこに近づける
  • 貢献3:人材を育成してほしい
    • 組織が長く生き続けるために次の世代を育成する



気をつけたいのは、間違った方向に努力しても、成果を上げられないということです。


空回りしていると思ったら一度立ち止まってみましょう。


大事なのは努力することではなく、組織を理解し、貢献することです。


貢献を意識すると人間関係も良くなります。


同じ組織で共通のゴールを目指すことで、おのずと足並みが揃い、協力的になるのです。


また、自分がどう貢献するかを考えることは、自発的に成長することです。多くの人がこの考えになることで組織は大きく成長します。


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



プロフェッショナルの条件 要約:強みを活かす。まとめ。

成果を上げるには自分や相手の強みを見つけ、活かすことが大切です。お互いの強みを活かすことで、より大きな成果につながります。


人は弱みを克服しようとします。しかし、弱みを克服しても人並みになるだけで大きな成果につなげるのは難しいです。


標準的な誰かになるよりも、「これなら誰にも負けない!」ものを1つ作る方が重要なのです。


また、勘違しがちなのは「好きなもの」と「強み」が混ざってしまうケース。「好み」と「強み」は区別して考えなくてはいけません。


自分の強みを見つけるのに効果的なのは「フィードバック分析」です。


自分の活動の結果を分析し、分かったことを次の活動へとフィードバックしていくことで、あなたの強みを見つけるのに役立ちます。


フィードバック分析法

  • 目標を決める
    • 「なにを」「いつまでに」取り組むのかを具体的に決める
  • 実行する
    • 目標に向かって実際に取り組む
  • 目標と結果を比較する
    • なにに集中するべきか
    • なにを勉強するべきか
    • なにを改善するべきか
  • つぎの目標を決める
    • 目標に向かってうまく進めたか
    • 一生懸命取り組めたか



自分だけではなく、他の人も強みに目を向いけましょう。相手の弱みだけを見ても成果を上げることは難しいです。


自分と相手の強みを組み合わせることで成果が出やすくなります。


特別な才能を持った人材をあつめる必要はありません。今いる仲間の強みを発揮する組織にすることが大事です。


また1人1人にあったレベルを設定することも有効です。全員強みが違うので、その人に合わせた仕事のレベル・量が必要です。


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



プロフェッショナルの条件 要約:時間をコントロールする。まとめ。

時間はだれでも平等の資源です。1日に使える時間は24時間と決まっています。


貸したり借りたりできません。成果を上げる人は常にこのことを意識しています。


「自分の持っている時間の中で成果を最大化するにはどうするべきか」


時間を効率的に使うには、大きな時間のかたまりを作ることです。


10分の自由な時間が1時間おきにあっても、休憩して終わりですが、60分が目の前にあったらやれることが増えます。


そのために時間を浪費している「ムダな活動」を見つけてみましょう。


自分が何をしていたか記録をつけることで、ムダ時間が見えてきます。


やり方は、スマホのスケジュール帳に活動したこと記録していきます。睡眠、ご飯、風呂、資料作成などです。


ムダな時間を排除するために次の3つを考えます。

  • 何の成果にもつながらない時間はないか?
  • 他の人に任せられるタスクはないか?
  • 自分が誰かの時間を奪っていないか?



また個人レベルではどうにもならない問題もあり、組織で解決が必要な場合もあります。

  • ムダが生まれやすいシステムになっていないかどうか
    • いつもやっているが本当は不要な日報や報告がないか
    • 毎回同じミスやトラブルが起きていないか
  • 人が多すぎないかどうか
    • いろんな人への調整に時間を使いすぎていないか
  • 会議が多すぎないかどうか
    • 会議が多すぎて仕事が進まないのであれば、見直す必要あり
  • 情報が適切に伝わっているかどうか
    • 情報が伝わらないと同じ説明を何度もしたり、伝わっていないためムダな作業をしてしまったり




\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



プロフェッショナルの条件 要約:いちばん重要なことに集中する。まとめ。

成果を生むために、やることは多いです。しかし、それに割ける時間は決まっています。


そのため、「いちばん重要なことに、いちばん最初に集中して取り込む」ことが必要です。


当たり前のように思うかもしれませんが、実行するのは難しいものです。特に、急ぎの仕事が差し込まれたりすると、いちばん重要なことができなかったりします。


そして、一度に集中できるのは1つだけです。重要なものは片手間ではできません。いちばん重要なことを決めて、それに集中しましょう。


また時間を確保するために古くなった仕事をやめてみましょう。毎日ルーティンでやっていることも本当に必要か再度考え、無意味だと感じたことはやめましょう。


劣後順位を決める

ほとんどの人はやることの優先順位を決めようとします。そうではなく、やらないことの順位を決めてみましょう。


やらないことをの順位を「劣後順位」といいます。


成果につながることでも「いま重要なこと」ではないのなら、やらないと決めましょう。


勇気をもってやらないことを決め、「いちばん重要」を決めて集中します。


取捨選択する上で意識すること

  • ルール1:過去よりも未来を選ぶ
  • ルール2:チャンスを捉える
  • ルール3:みんなと同じよりも、独自性を優先する
  • ルール4:新しい道を切り開く



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



プロフェッショナルの条件 要約:正しく意思決定し、実行する。まとめ。

意思決定をすることは、もっとも重要で時間のかかる仕事です。


その決断は、その人自身が成果を生み出せるかどうかだけでなく、組織の行く末も左右します。正しい選択は大きな成果を、間違った選択は大きな損失を生む可能性になっていくのです。


意思決定のステップ

  • 問題を分類する
  • 必要条件をはっきりさせる
  • 何をするのが正しいかを決める
  • 決定したことを行動に移す
  • フィードバック分析する


1. 問題を分類する

正しく意思決定するために、そこに関わる問題の性質を正しく理解します。正しい理解が正しい決定を導く一方で、間違った理解は間違った決定を導きます。


問題は次の4つに分類できます。

  • 一般的な問題
    • 経験している人がいるため解決策もある
  • 自分にとっては例外的だが、世の中にはよくある問題
    • 世の中に解決している人がいるかもしれない
  • 本当に例外的な問題
    • 解決が大変
  • いまは例外的でも、将来は一般的になるかもしれない問題
    • 解決は大変だが、解決すれば将来だれかの役に立つ



本当は誰かが解決しているのに、例外と思ってしまうこともあります。まずは世の中を見渡してみましょう。インターネットで調べるのも効果的です。


2. 必要条件をはっきりさせる

意思決定に必要な条件を明らかにします。


必要条件は、満たさないと決定した意味がない。といえるものです。


この条件を満たすことで成果が出たといえること。


半年以内に売上を1.5倍するなど、予め目的を決めておくことは大きな意味を持ちます。


それに向けてどんな意思決定すればよいか検討できるためです。


3. なにをするのが正しいかを決める

実行していく上で、さまざまな問題がでてきます。ときには妥協するときもあります。


そのときに迷わないために「なにをするのが正しいか」という正解をはっきりさせておく必要があります。


正解を決めておくことで、たとえば、目先に目的とは関係のない「うまい話」があったとしても今それをやるべきかの判断を正しく行えます。


4. 決定したことを実行に移す

ものごとを決定するときは「どうやって行動に移すのか」を考えておく必要があります。


次のことを明確にします。

  • この決定をだれが知っておくべきか
  • 実行にはだれの、どんな行動が必要か
  • その人にどんな成果を期待し、責任を負わせるか
  • その人の能力と仕事の内容がつり合っているか


フィードバック分析する

予想していたことと実際の結果をくらべて、その決定がうまくいったのか、いかなかったのかを考えます。また、その原因はなんだったのかを検証しましょう。



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



プロフェッショナルの条件 要約:さらなる自己実現のために。まとめ。

これまでに紹介した5つの能力を磨くことで成果を上げ続けるプロフェッショナルになれます。


人間は自分の成長を望み、まわりの人の役に立ったりすることを望む生き物です。それに充実感をおぼえます。


充実感は、仕事を通して世の中とつながるから得られます。成果を上げることで、人生は豊かで幸せなものになります。


自分を成長させるために大切なこと

  • 人に教える
  • 成長できる場所を選ぶ
  • 現場で働く
  • 自分の価値観に合う仕事をする


他人から見て、自分がどんな人間として覚えられたいか。客観的に考えると目指すべき姿が見えるかもしれません!


参考:13歳から分かる! プロフェッショナルの条件 ドラッカー 成果を上げるレッスン

参考:プロフェッショナルの条件――いかに成果をあげ、成長するか



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す



  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-BOOK, おすすめ