BOOK  ビジネス書 おすすめ

【要約】戦略コンサルタントが大事にしている 目的ドリブンの思考法|本のまとめ。

次の方を対象にしています!


目的ドリブンの思考法」を参考に説明します。


参考: 目的ドリブンの思考法


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本が聴き放題!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

目的ドリブンの思考法 要約|まず「目的」から始めよ。まとめ

いま僕らが生きている時代はVUCAと呼ばれている。変動的 Volatile、不確実な Uncertain、複雑な Complex、曖昧な Ambiguous の頭文字を取った言葉であり、日々の変化が激しく先が読めない時代になっている。つまり過去にあったことを参照して未来を予想しても成功しないということだ。「バックミラー思考」の無効化ともいえる。


リンカーンは次のように述べている「未来を予測する最良の方法は、それを創り出すことになる」。これが、いまの時代を生き抜く考え方のコンセプトとなる。未来起点の「バックキャスト思考」にシフトしてみよう。作りたい未来を想像して、そこに向かっていく考え方だ。


目的とは「新たな価値を実現するために目指す未来の到着点」。


簡単にいうと「何のために?」という問いに対する答えが目的だ。目的を英語で表すと「Purpose、Objective、Goal」の3つがある。

  • Purpose:より大きな価値を実現している将来の状態。目的は未来像そのもの
  • Objective:意図を持って狙いとするところ
  • Goal:到達点


「成果の創出」は「目的の達成」とイコール。目指す成果を実現できなかった仕事は、成果としてみなされない。また「成果の創出」と「業務の完了」はイコールではなく、個々の業務をこなしても目標達成に貢献するものでなければ成果ではない。


目的は確実に押さえなければ仕事が体をなさなくなる絶対的な要素であり、目的を欠くと次のような問題が発生する。

  • 対処すべき問題が分からない
  • 何を優先すべきか・劣後すべきか判断できない
  • 的はずれなアクションをしてしまう
  • 上司にも部下にも動機づけ・説得ができない


目的がなければチームは動かなくなるし、目的があるからリーダーはパワフルになる。目的意識を持つと次のような状況を好転できる。

  • 解決すべき問題を絞り込める
  • スピーディに優先順位を判断できる
  • 目的に直結するアクションがとれる
  • 成果創出のために組織やチームを動かせる


Why(目的)- What(目標)- How(手段)の三層ピラミッド構造

目的を達成するために重要なのは、目的とその達成を受け支える実行の仕組みを理解すること。仕組みが分かればコントロールできる。


その仕組とは、Why(目的)- What(目標)- How(手段)の三層ピラミッド構造

  • Why:成し遂げるべき目的
  • What:目的を成し遂げるために達成が必要な目標
  • How:目標達成に必要な手段を基盤として受け支える



三層ピラミッド構造をつくることで、抽象的だった目的を「実務として制御可能、かつ、有効な対処を打てる状態」にできる。


例)

  • 目的:生活習慣を改善し、次の健康診断までに健康な体を取り戻す。
    • 目標①:3食たべる
      • 手段:有機野菜サラダの定期宅配を頼む
      • 1習慣続いたときは自分へのご褒美を用意する
    • 目標②:睡眠時間を7時間確保する
      • 手段:仕事が時間内に終るように計画を見直す
      • メル前はスマホに触らない
    • 目標③:軽い運動を毎日行う
      • 朝に3分ラジオ体操をする
      • 寝る前にストレッチする


注意すべきは手段が目的にならないようにすること。「目的、目標、手段」の流れがしっかりあること。「手段、手段、手段」と行動ばかりにならないよう注意する。


目的から逆算するという点で、三層ピラミッドとバックキャスト思考は同じコンセプトである。あらゆる考えは目的から出発しなければならない。そしてどんな小さな仕事でも目的があることを忘れてはいけない。大切なのは先の目的を見据えながら、自分が果たすべき目的を全うすることだ。


目的が明確であれば仕事において「選択と集中」ができるようになる。目的を考えて必要なことだけをするのだ。

目的ドリブンの思考法 要約|目的をどう設定するか。まとめ

組織にはさまざまな人がいる。目的はバラバラな人々の集団を一つの組織として方向づける。そして、組織と同じように目的も階層構造をつくる。組織が掲げるビジョンやミッションがあり、上位目的がある。その下の各部署やチームは下位目的があり階層構造となっている。組織において目的を設定するときは自身の周辺に置かれる上位目的や下位目的を把握し、それらと一貫性を意識することが必要。


上位目的とあなたのチームの間には断絶がある。だから翻訳し、自身がしっかり咀嚼、腹落ちさせて下位目的を設定することが大事。自分のポジションにおいて果たすべき目的を設定することが第一である。時間軸も合わせて考えてみると良い。直近(〜数週間)、短期(〜1年)、中期(3〜5年)、長期(5〜10年)、超長期(〜100年)で考えると目的もスケールする。ここでも自分のポジションに適合した時間軸で考える。大事なのは組織においてあなたの手によってしか果たすことのできない目的があることを認識すること。


目的を設定する力の源泉は使命(〜をすべきという考え)と意思(〜したいという思い)だ。目的はポジションと時間軸の枠組みに使命と意思の力を込めることで生まれる。また目的を設定するうえで能力(できる、できない)は考慮しない。〜すべき、〜したいが重要。能力はあくまで目的を実現する手段にすぎない。目的を見つければ、手段は後からついてくる。


目的そのものをアウトプットとして生み出すためには、自分が腹落ちする目的を見出すまで「何のためなのか?」を問う。「何のために?」を問、自分のポジション、時間軸、意思、使命、組織内の問題認識や要求、外部環境の変化といった要素をひっくるめて一つの目的へと集約させていく。


「何のために?」と考えるときに角度を変えて「その仕事がなくなったらどうなるか?」という方向で考えてみるのも有効だ。失われる未来の価値を考えてみる。


目的を設定するためのステップ

  • 仕事の「上位目的」とその「背景」を抑える
    • 目的と背景は1枚のコインの表裏であり、両者をセットで理解しよう
  • ポジションと時間軸で目的の広がりを押さえる
    • ポジションと時間軸を無視すると、必要以上に遠大な目的を設定しまったり、過小な目的を設定しまう
  • 「何のために」を問い、文字に落とす
    • 使命:どのような状態を実現すべきか?
    • 意思:何を目指したいか?
  • 上位者と目的をすり合わせる
    • 設定した目標が筋がよいか確認するために上位者と話し合う
    • 上位者(視座の高い人)が目的を見極める際の見方やセンスを取り込める


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本が聴き放題!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

目的ドリブンの思考法 要約|目的から目標への落とし方、そして実行へ。まとめ

抽象的な目的を実行対象として具体化したのが目標です。目的が到達点であるのに対して、目標は中間地点(マイルストーン)。

目的目標
到達点
パーパス、オブジェクティブ、ゴール
中継地点
マイルストーン
全体
仕事の意義そのもの
部分
目的を果たすための必要条件
抽象的
目で見えない、触れない
具体的
目で見れる、触れる
長期的中期〜短期的


目標を設定することで

  • 抽象度の高い目的を実務に落とし込める
  • 有効な対応策を体系的に洗い出せる
  • リソースの無駄遣いがなくなる
  • 達成と成長が実感できモチベーションが高まる


目標の設定とは「目的の切り分け」である。構成要素と時間軸で切り分ける。たとえば英語学習なら「リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、文法・語彙力」の構成要素だ。


目的を定性的な条件、定量的な水準値に分解すれば、具体的な目標が見えてくる。


期限も重要な切り口で、期限がないといつまでもダラダラとしてしまう。「どのような状態・水準」を「いつまでに」実現んするか、それを切り出すのが目標の基本。大きな目標も小さな目標に分割すれば達成できる。


目的を目標に落とし込むステップ

  • 目的を「構成要素」に分解する
  • 抽出した構成要素に目標水準と期限を与える
    • 目標が適切な強度で設定されているか確認する(パニックを避けて設定する)
      • コンフォート:現状のチームが無理なく達成できる基準
      • ストレッチ:チームの成長、新たな能力の構築が必要だが、達成不可能ではない水準
      • パニック:チームを混乱に陥れる可能性がある
  • SMARTの視点で目標を精査する
    • Specific:具体的か
    • Measurable:測定可能か
    • Achievable:達成可能か
    • Relevant:目的と整合しているか
    • Time-bound:期限が明確か


目的ドリブンの思考法 要約|成果創出の手段とあらゆる仕事に通底する5つの基本動作。まとめ

バックキャスト思考では未来を到達点として「目的」を設定し、その「目的」と「現状」のギャップを埋めていく。ギャップを埋めて、目指す姿の実現を可能にするのが「手段」だ。


手段がギャップを埋めるためのものであれば、最初に確認すべきは「目的」と「現状」にどのようなギャップがあるのかだ。目的の達成を祖がしているもの。問題を見つけ、それを解決するための具体的な実行策が手段となる。手段を束ねて目的達成のストーリー化したものを「戦略」という。


手段を考えるために5つの基本動作を覚えよう。それは「予測、認知、判断、行動、学習」だ。

  • 認知:目標の達成に向けて、解くべき問題を特定する
  • 判断:対策案を考案し、優先すべき実行策を意思決定する
  • 行動:実行策を行動計画として、チームに落とし込み実行に移す
  • 予測:将来に発生する潜在的な問題を先読みし、先手を打つ
  • 学習:経験によって得られた学びを将来の問題解決に転用する


この5つの基本動作はどのような仕事にも通用する。5つの能力を磨くことで地力を鍛えられる。そして仕事がうまくいかない時は、5つのどこかに問題がある。どこに問題があるのか自己点検できるようになろう。5つのうち1つでも崩れるとパフォーマンスが落ち、ボトルネックとなる。


ではパフォーマンスを上げるためには、どうすればいいのか。ポイントは「目的」だ。目的からズレると現状とのギャップが測れなくなり、5つの能力すべてが傾く。逆に、目的さえ見失わず向かっていければパフォーマンスは向上していく。さらに5つの基本動作を「型」と定義することで高めていく。何かを習得するときは次の5段階がある。

  • 第1段階:そもそもしらない
  • 第2段階:知っている
  • 第3段階:意識すればできる
  • 第4段階:無意識にできる
  • 第5段階:教えられる


第4段階か第5段階を目指そう。

目的ドリブンの思考法 要約|<認知>最小の労力で最大の成果を出す問題の見極め方。まとめ

問いを確認することが大事。アインシュタインは次のように伝えている「もし私がある問題を解決するのに1時間与えられ、それが人生を変えるおゆな大問題だとすると、そのうち55分は自分が正しい問いに答えているかどうかを確認することに費やすだろう」。


「正しい問い」を解けば成果につながる。間違った問題を問いてしまえば、時間や労力、お金あらゆるものを浪費してしまう。


問題とは「現状」と「目標」のギャップである。問題は常にこの比較をしたときに表れる。そのため目標がなければ問題を立てれなくなる。問題の源泉は目標なのだ。


「何が問題なのか?」ではなく「我々は何を目指しているのか?」を問う。それを起点として目指す先と現状のギャップを考える。


また問題を見つけていくときに全ての問題を解こうとしてはいけない。生産性向上のカギは作業を速くするのではなく、いかに無駄を省き、解くべき問題に集中できるか、である。問題が複数あるときは、目標達成にどれほどインパクトが大きいかで決めると良い。


もうひとつ認知しておくべきこがある。それは「問題を発生させている原因は何か?」ということ。原因を無視して対処すると再発する可能性が高い。


認知の実践ステップ

  • 目標に対する現状を把握する
  • 目標と現状のギャップから問題を発見する
  • 優先すべき問題を絞り込む
  • 原因を掘り下げ、真に解消すべき問題を特定する



やるべきは「正しい問題を設定すること」、そうすれば正しい対処は後からついてくる。

\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本が聴き放題!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

目的ドリブンの思考法 要約|<判断>最良の結論に最速でたどりつく「判断方法」。まとめ

判断とは「すること」「しないこと」を分かつこと。「すること」の明確化、それは「判断」における最低限のアウトプットだ。


判断には良い判断と悪い判断がある。

本来のあるべき対応をする本来のあるべき対応すべきでない
実際の判断をする
「すべきことをする」適切な行動を促す「価値創出の判断」

「すべきでないことをする」間違った行動を促す「判断のミス」
実際の判断をしない
「すべきことをしない」すべきことを見落とす「判断の漏れ」

「すべきでないことをしない」間違った行為を止める「損失回避の判断」


優れた判断は「質 × スピード」で決まる。目的・目標の達成に貢献するかどうか、それが判断の質を決める。さらにリーダーは判断スピードも必要だ。なぜならリーダーに期待されるアウトプットそのものだからだ。


判断の実践ステップ

  • 対処すべき問題と対になる「対応方針」を定める
    • 認知で掘り下げた根本原因に対して、それを解消するための方向性として「対応方針」を立てる
  • 方針をブレークダウンし「対応案」を洗い出す
    • 対応方針に対して「どのように?」と問いかける
  • 目的・目標から「判断軸」を抽出する
  • 判断軸に照らして「実行策」を決める


目的ドリブンの思考法 要約|<行動>無駄な動きなく最高の成果を得る「アクションの導き方」。まとめ

「行動」とは認知・判断によって見いだされた手段を実行に落とし込むこと。そして、どれだけ頑張っても目的-目標からズレたアクションは成果にならない。


成果創出は「スピード × 正しさ」で決まる。必要なのはアクセルを踏み込む前に一度立ち止まり、行動の正しさを見定めること。それからしっかり加速させていく。


正しさとスピードに加えて「アクショナブル」(実際に行動に移すことができる)が大事。実行できないのであれば意味がないためだ。


チームが行動するときにWhyがとても重要だ。メンバーは自分の仕事がどう成果につながるのかを理解することができる。自分がチームにいることの意義にもなる。チームが持つモチベーションや力量を引き出すのがリーダーの役目。そのためにWhy-What-Howのストーリーをリーダーがしっかり伝える必要がある。


行動の実践ステップ

  • Howの問いでアクションをブレークダウンする
  • 目的-目標-手段の目線でつながりをチェックする
    • 三層ピラミッドに立ち戻り考える
  • 抽出したアクションを行動計画に仕立てる
  • アクションをチームメンバーに任せる
    • 任されたメンバーは仕事を自分事として取り組みモチベーションが高まる
    • 自分で考えることを通じて、自律的な問題解決能力を伸ばせる
    • 仕事を任せてもらえることで信頼関係を築ける
    • リーダーはより高度な業務に時間が使える


目的ドリブンの思考法 要約|<予測>未来の問題を先読みし先手を打つ「リスク予測方」。まとめ

目的・目標の達成を脅かす潜在的な問題を先読みし、先手を打つことが「予測」。問題は時間が経つにつれて成長する。問題の種が芽を出す前に解決するのがよい。


リスクは目的に向かって群がるように発生する。リスクは「手段」に取り付いて目的・目標の達成をむしばんでいく。そのため「手段」に着目する。「どのようなリスクがあるか?」は良い問いではない。「○○の目的・手段に対するリスクは何か?」を考える。リスクのインパクトは「脅威度」と「脆弱性」で決まる。


予測の実践ステップ

  • 目的・目標達成に必要な手段を整理する
  • 手段に対するリスクを洗い出す
  • リスクマトリクスで注力すべきリスクを特定する
    • 「脅威度 × 脆弱性」でインパクトを算出する
    • 可能性、発生頻度も評価軸とする
  • リスクへの対策を立てる
    • リスクは「軽減、回避、移転、需要」で考える


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本が聴き放題!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

目的ドリブンの思考法 要約|<学習>既知から未来を知る「学びのレバレッジ法」。まとめ

学習の本質は転用。学んだことをパターン化し、新たな問題解決に当てはめて活用すること。学習には2種類ある。

  • 習熟の学習:特定の仕事の内容・作業に対して習熟度をタテに深める
  • ヨコ展開の学習:かつて得た学びを別の領域にヨコ展開する


そしてリーダーとしてより意識的に身につけるのはヨコ展開の学習。ヨコ展開するには抽象化して別の領域に当てはめることが必要。別々の領域で共通しているものは何かを考えると良い。アナロジー(類推)と言ったりもする。


学習の実践ステップ

  • 問題の外部に意識を開きアナロジーの可能性に気づく
  • 「何のため」を問い、共通目的を引き出す
  • 共通目的を手がかりに「知っていること」を思い起こす
  • 知っていることから「知りたいこと」への示唆を引き出す


重要なのは、何事も、それそのままで学ばないことだ。転用を常に考えながら学ぼう。

目的ドリブンの思考法 要約|新たな始まりに向かうための思考<問い>の地図。まとめ

  • 目的を定める
    • 前提を押さえる
      • 上位目的は何か?
      • その背景は?
      • 目的の時間軸は?
      • 自分のポジションは?
    • 目的を定める/磨き込む
      • 何のためなのか?
      • どんな状態を目指したいか?
      • もしその仕事がなくなったらどうなる?
      • それが本当の目的か?
  • 目標を設定する
    • 目標を設定する
      • 目的を達成するために何が必要か?
      • 目的の構成要素は何か?
      • 目標水準はどの程度か?
      • 達成までの期間はどの程度か?
      • 小目標に分解してみるとどうか?
    • 目標の妥当性
      • S 具体的か?
      • M 測定可能か?
      • A 達成可能か?
      • R 目的と整合しているか?
      • T 期限は明確か?
  • 手段を講じる
    • 手段を考え出す
      • 目標をどのように達成するか?
      • 現状とのギャップを埋めるために何が必要か?
      • 目的・目標の達成を可能にするイネイブラーは何か?



5つの基本動作

  • 解くべき問題を認知する
    • 問題を発見する
      • 目標に対して現状はどうなっているか?
      • どこに、どのようなギャップがあるか?
    • 正しい問題を見極める
      • 目標へのインパクトが大きい問題は?
      • その問題は実際に解決できる?
    • 原因を深堀りする
      • 発生しているのはなぜか?
      • 因果関係の構造は?
      • 問題の真因は?
  • やること、やらないことを判断する
    • 対策案、判断軸を設定する
      • おうな対策案のオプションがあるか?
      • 何を判断軸に置くか?
      • 案団軸の重みは?
    • 実行策を決める
      • 何を優先して実行策とするか?
      • 何を劣後とするか、やらないとするか?
  • 行動に落とし込む
    • クションを洗い出す
      • 実行策をどのように進めるか?
      • 具体的にどのようなアクションがあるか?
      • 実行者とってアクショナブルであるか?
    • 実行計画に落とし込む
      • 誰がいつまでにやるか?
      • アクションの前後関係、依存関係は?
  • 学習で既知から未知を知る
    • レバレッジの可能性に気づく
      • 既存の知識を活かせられるか?
      • アナロジーで考えられないか?
    • 共通目的を抽出する
      • 何のためなのか?
    • 既知を未知にヨコ展開する
      • 共通目的に関係する知っていることに何があるか?関連する事例は?
      • 知っていること、事例の要点は何か?成功要因は?
      • それは知りたいことに対して何を示唆するか?
  • 将来のリスクを予測する
    • リスクを先読みする
      • 何に対するリスクか?リスク発生の所在は?
      • 手段に対してどのようなリスクがあるか?
    • リスクを評価する
      • リスクのインパクトは大きいか?
      • リスク発生の可能性は高いか?
      • どのリスクを優先的に対処する?
      • どのリスクを受容する?
    • リスクに先手を打つ
      • どのようなリスク対策をする?(軽減?回避?移転?)


参考: 目的ドリブンの思考法


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本が聴き放題!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで無料で本を聴く方法を徹底解説

  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-BOOK,  ビジネス書, おすすめ