BOOK

【転職の思考法 要約】このまま今の会社にいいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法(北野唯我)。本のまとめ。


次の方を対象にしています!



今の仕事や会社に不安があるときにオススメの転職の思考法です。


大企業でも終身雇用を守るのが難しくなったこの時代、転職は今よりも活発になっていくと考えます。


選ぶ業界によって自分の成長や給料もかなり差がでます。では、どのように仕事を探せばいいのでしょうか。


転職を考えているけれど、一歩踏み出せないあなたの助けになる一冊です。転職をだと考える人もいますが、それは努力を放棄した人の言い訳です。


よりよい環境や仕事を探して転職した方が人生が豊かになります。


書籍「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法」の要約です。

ポイント

転職に必要なのは知識でも情報でもなく、どう選べばいいかの判断基準



書籍の目次は次の通りです。

  • はじめに 「いつでも転職できる」の確信を持った人だけが、自由になれる
  • プロローグ このままでいいわけがない。だけど…… 「漠然とした不安」の正体
  • 第1章 仕事の「寿命」が切れる前に、伸びる市場に身を晒せ 「一生食える」を確保する4つのステップ
  • 第2章 「転職は悪」は、努力を放棄した者の言い訳にすぎない 「組織の論理」が人の心を殺すとき
  • 第3章 あなたがいなくなっても、確実に会社は回る 残される社員、ついてくるパートナーとどう向き合うか
  • 第4章 仕事はいつから「楽しくないもの」になったのだろうか? 心から納得のいく仕事を見つけるために必要なこと


参考:このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


転職の思考法 要約まとめ:自分のマーケットバリュー

転職で重要なのは自分の「マーケットバリュー」です。


マーケットバリューとは、自分の市場価値です。自分という商品が転職市場で「いくら」なのか、これを把握しましょう。


今の会社で給料がもらえているのも、自分の労働力が認められたその対価です。その業界での労働力、つまりマーケットバリューが高ければ給料も上がります。


また、マーケットバリューが高ければ、様々な会社があなたを欲しがります。そうなれば会社が潰れたとしても次の仕事がすぐに見つかります。


逆にマーケットバリューが低いと転職が難しくなります。終身雇用が崩壊した現在では大手企業だからといって一生安泰とは限りません。


安心して仕事するためにはマーケットバリューが必要です。


そのマーケットバリューは次の3つで決まります。

  • 技術資産
    • どんな会社でも通用するスキル(職種・専門性と技術・経験)
    • 20代は専門性を磨き、30代は経験を磨く
  • 人的資産
    • コミュニケーション能力・人脈
    • 今の会社を辞めても個人で声がかかるレベル
  • 業界の生産性
    • 所属している業界が儲かっているかどうか
    • 自分の能力に関係なく、業界が自分のマーケットバリューに影響する


自分のマーケットバリューを高める方法

マーケットバリューを高める方法は「上司を見ずにマーケットを見て仕事をする」です。


仕事をする上で、 上司や同僚ばかり気にしていてもマーケットバリューは上がりません。市場やお客さんを分析して、そこから必要な行動をすることでマーケットバリューが上がっていきます。


たとえば、最新の家電を製造する場合、上司や同僚の意見を鵜呑みしたり、なるべく上司の承諾を得られやすい形で商品を開発してもマーケットバリューは上がりません。家電市場を調査し、お客さんが何を欲しがっているのか分析した上で出した商品を開発することでマーケットバリューが上がります。


気をつけたいのは、お客さんの要望を叶えようとすると、なぜか社内で摩擦が起きたりします。その理由は、お客さんの要望を叶えようとする行為は、新しいことへの挑戦になることが多く、今までのやり方に拘っている会社だと摩擦が起きる可能性があります。


そのため、なかなかマーケットバリューを上げるのが難しいのが現状です。しかし、「上司を見ずにマーケットを見て仕事をする」を意識して、自分のマーケットバリューを上げるための仕事をしてみましょう!


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


転職の思考法 要約まとめ:業界選び

ピボット型キャリア

ピボットは「方向転換」という意味です。


自分が成長するか、給料が上がるかは、業界によっても左右されます。そのため、自分の今いる業界よりも、今後伸びていきそうな業界があるなら身軽に転職できる準備をしましょう。


今いる会社を軸足にしながら、片足は常に新しい業界を見ておきます。もし、今の業界がダメになったり、会社が倒産しそうなったらすぐに次の業界に移動できるようにします。


会社の寿命は年々短くなっているため、いつでも転職できる準備はしておいて損はありません。


業界選び

業界は「Aランク」「Sランク」に分けられます。

  • Aランク
    • 成熟した業界
    • 大企業が名を連ねる
      • トヨタやNTTなど
    • 優秀な人が集まる一方で、その中で勝ち抜いていくのは大変
  • Sランク
    • 成長する業界
    • 小さい会社に入社して、成長したときに大きなリターンを狙う
      • 会社の株式や、役職をもらうなど


狙うなら「Sランク」です。

伸びる業界の特徴

Sランク業界をどう見分ければいいのか。特徴は次の2つです。

  • 多くのベンチャー企業が参入している
    • ベンチャーがうまくいっているなら、大手よりもスピーディに対応して結果を出している証拠
    • ベンチャーが集まる業界は、今後伸びる可能性がある
    • 転職サイトでキーワード検索すると、伸びる業界が分かる(例:「クラウド」などの気になるキーワードで検索してみる)
  • 既存業界の非効率を突いている
    • 伝統的な業界や、非効率と思うところを突いている業界は伸びる
      • 例えば、動画で学習支援をしているスタディサプリなど


会社選びの基準


  • マーケットバリュー
    • 業界の伸びしろ
  • 働きやすさ
    • 社内の雰囲気
  • 活躍の可能性
    • その会社でどんな人物が活躍しているか、どんな業務を担当しているかを調査することで自分も同じように活躍できるかイメージする



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


転職の思考法 要約まとめ: 仕事選び


多くの人がやりがいだけで仕事をしていません。たとえば、給料が半分になったとしても今の仕事を続けるか?自分に問いかけてみてください。


この世界には、2種類の人がいます。

  • todo型:何をするかを重視する
    • 人生でやりたいことが明確にある人
    • 未だない新しい何かを生み出したり、何かを変えたいモチベーションがある
  • being型:どんな状態でありたいかを重視する
    • 自分がどうなりたいか、どういう状態でありたいかを重視する人
    • 気の許せる仲間と働いたり、ライフワークバランスを重視したり
    • 世の中のほとんどの人が being型


begin型はどういう基準で仕事を探せばいいのか

基準は次の2つです。

  • 自分にとって丁度いい仕事か?
    • 仕事の難易度が自分にとって低すぎず、高すぎず丁度いいか
    • 成長のための緊張がたまにあるか?(プレゼンなど)
  • 自分のことを信じられる仕事か?
    • たとえば、自社商品に魅力を感じず売りたくないのに売っているとメンタルを削られる
    • 自分が自信をもって進められる仕事を探す


参考:このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法



ブログや本を読むのが面倒な方は、聞き流せるAudibleがオススメ!無料で体験できます!
>> 詳細はこちら


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す


  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-BOOK