BOOK おすすめ

【要約】GAFA next stage ガーファ・ネクストステージ: 四騎士+Xの次なる支配戦略|本のまとめ。

次の方を対象にしています!



GAFAは、グーグル、アップル、フェイスブック(現Meta)、アマゾンの頭文字を取った言葉だ。


この巨大企業が色んな業界に手を伸ばしている。Amaoznはインターネットで本を売る商売から始まった。


しかし、今はどうだろうか?Amazonではあやゆるものが売っており、すぐに届く。さらにAmazon Prime Videoでは映画が見れ、Amazon Musicでは音楽が聞ける。


いつのまにか新しい分野に入り込み、私たちの生活の一部となっている。GAFAに負けじとネットフリックスやスポティファイなどのサービスもでてきている。


これにより今までの大手サービスや大手企業が姿を消している。


何が起きているのか?


2020年のパンデミックにより、この傾向は加速した。


パンデミックとテック企業から見た2021年が書かれたのが「GAFA next stage ガーファ・ネクストステージ」。


参考:GAFA next stage ガーファ・ネクストステージ


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


GAFA next stage 要約|加速する GAFA + X の支配。まとめ

2020年に好調なのは、アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルに加えて、マイクロソフトだ。


この5社で、アメリカ全部の株の21%を占めている。パンデミックより拍車がかかり、勝者がより勝てる状況になっている。


このようなビックテックに必要なのは「イノベーション」「不明瞭化」「搾取」である。

  • イノベーション
    • アマゾンはモノを安く売り、早く届ける
    • アップルは質の良い電話を開発した
    • フェイスブックはソーシャルネットワークを作り上げた
  • 不明瞭化
    • 一人勝ちしていて、ライバルがほとんどいない。そして、一人勝ちしていることを表では出さない
  • 搾取
    • ビジネスの中心にフライホイール(はずみ車)がある
      アマゾンでいえば、アマゾンプライムだ
    • フライホールが回り始めると、独占の時代が到来する
    • 特にアマゾンは、アマゾンプライム、AWS、マーケットプレイスの3つのフライホイールを持っている



すべてテック企業

アマゾンはテクノロジー企業である。それは他社のためにテクノロジーを駆使するのではなく、自分たち自身がその業界プレイヤーになっている。


本を売ることからはじめたアマゾンは、いまや雑貨、映画、食料品、電化製品、クラウドコンピューティングまで事業を拡大している。


グーグルは検索エンジンだけでなく、映画、ホームオートメーション、電話、ヘルスケアと拡大し、アップルは、社名は「アップルコンピュータ」から「アップル」に変えた。アップルウォッチで時計業界、AirPodsでイヤホン業界にも手を伸ばしている。


費用を収益に変えた

アマゾンは、オンラインストアなので、サーバなどインフラ設備が必要であった。そのためにデータセンターを借りたり、外注することはよくある。


しかし、アマゾンはそれをせず、自らデータセンターを作った。そして、これを自分たちだけではなく、他社にも貸し出したのだ。これがAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)である。


いままで費用であったインフラを収益に変えたのだ。


それ以外にも決裁はアマゾンペイ、マーケティングは、アマゾンマーケットプレイス、梱包はFBA(フルフィルメント・バイ・アマゾン)と費用としてきた科目を収益に変えている。


そしてアマゾンは運送業界にも手を広げていった。今後は、ヘルスケア、保険にも手を伸ばす可能性が大いにある。

アップル

アップルは、低コスト製品を高価格で売るビジネスを実現した企業。


さらにアップルは、iCould、アップルミュージック、アップルTVプラス、アップルアーケードと組み合わせ、iPhoneをサブスクリプションモデルに切り替えた。


ランドル(継続な収益を生むセット商品)となった。


アップルTVにも力を入れている、2019年にはコンテンツ作成に60億ドルをつぎ込むと発表した。


グーグルとフェイスブック(現Meta)

グーグルとフェイスブック(現Meta)はどちらも広告事業。


2020年時点でデジタル広告のシェア66%はグーグルとフェイスブックである。


2社で半分以上なのだ。



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


GAFA next stage 要約|台頭するディスラプターズ。まとめ

ある業界がディスラプション(大変革・崩壊)が迫っているかは指標を見ると分かる。

  • 付加価値に比べてどれだけ価格が伸びたか
    • 付加価値が増えていないが価格が上昇しているもの(大学の授業料など)
  • ブランドへの依存度
    • デジタル化によってイノベーションが起きたが、今までのブランドを守ろうとする
  • 消費者不満の蓄積
    • 企業と消費者が敵対関係にある(保険業界など、保険料を払っているが、企業は支払いを渋る)
  • 偽のイノベーション
    • 企業がサービスの品質向上を拒む(窓口で買うよりも面倒なオンラインチケットなど)



ディスラプションが起きやすいのはどこか?それはインフレより速く価格が上昇しているにも関わらず、見合ったイノベーションがない分野だ。


それには8つの特徴がある。

  • 人間の本能に訴えかける
    • 人はセックスアピールを高めてくれる製品にお金を払いやすい(フェラーリやルブタン)
  • キャリアの箔づけになる
    • 社員のキャリアを大きく飛躍させられる企業
  • 成長とマージンのバランス
    • 高成長と高マージンを得られているのは、GAFAのような企業だけ
      他の企業は、どちらかが犠牲になっている
  • ランドル
    • 定期的な売上をもたらしてくれる商品やサービス(サブスクリプションなど)
  • 垂直統合
    • バリューチェーンを把握して、消費者をコントロールする
  • ベンジャミン・バトン製品
    • 歳をとるほどに若返る製品やサービス
    • スポティファイは楽曲が増えるほどユーザも増える
  • ビジョンに満ちたストーリーテリング
    • 挑戦を株主や利害関係者に語る
  • 高感度
    • 政府やメディアを見方につける



今後、ディスラプションの可能性がある企業。

  • エアビーアンドビー(観光・ホテル)
  • ブルックリネン(寝具)
  • カーニバル(旅行)
  • レモネード(保険)
  • ネットフリックス(動画)
  • ワンメディカル(医療)
  • ペロトン(フィットネス)
  • ロビンフッド、パブリック(金融)
  • ショッピファイ(小売)
  • スポティファイ(音楽)
  • テスラ(自動車)
  • ツイッター(SNS)
  • ウーバー(配車サービス)
  • ワービーパーカー(メガネ)
  • ウィーワーク(シェアオフィス)
  • ティックトック(SNS)



\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


GAFA next stage 要約|大学はディスラプターの餌食。まとめ

大学の授業の仕方はずっと変わっていない。しかしながら、授業料は過去40年で1400%上昇している。


比較として医療を見ると600%の上昇。大学の授業料の方が増えている。


医療はテクノロジーにより進化している。大学はどうだろうか?あまり変わっていないように見える。


そして大学の授業料のほとんどが利益となる。こんなにも利益率の高いビジネスは他にないだろう。


今後はオンライン化により1つの授業を数十人ではなく、数百人が受講することも考えられる。


これらにもGAFA+Xがやってくるかもしれない。


大学側も変革を求められるだろう。それは授業の見直しや、GAFAとの一緒に何かをすることかもしれない。


たとえばグーグルが大学でコンピュータを教えるかもしれないし、アマゾンが経営を教えるかもしれない。


これらが大学の強みになることも考えられる。


本書では「パンデミック」や「政府」についても書かれており読み応えたっぷりの一冊になっている。


参考:GAFA next stage ガーファ・ネクストステージ


\ 聞き流せる本!Audilbe無料体験期間中 /

好きな本を1冊無料でもらえる!アマゾン Audible 30日間 無料体験を試す

>> 詳しく知りたい方へ!Audibleで1冊無料でもらう方法を徹底解説


  • この記事を書いた人

おやすみドリー

本の要約をする人 | 年間100冊は本を読む | Audible(オーディオブック)、kindle(電子書籍)など読書方法を紹介 | 良い本をたくさんの人に届けたい | ビジネス書・マーケティング・自己啓発・小説を幅広くインプット | ビジネス関連・忘れない読書方法・文章の書き方なども発信中

-BOOK, おすすめ